これまでアメリカの大学院への留学は全体的な割合からすると留学者数も低かったのですが、ここ最近はアメリカの大学院卒業後にグローバルに活躍できる将来へ自己投資として注目を集めています。

アメリカの大学院留学でまずイメージするのが、ビジネススクールのMBAプログラムのような高額な学費ではないでしょうか?確かにビジネススクールをはじめ、ロースクールやメディカルスクール、アカウンティングスクールは、国家資格取得を目的としているプログラムのため大学院の中でも高額な学費が設定されています

日本だけでなく世界で活躍の場を広げたいのなら、やはり国家資格があるかないかで将来の可能性が大きく変わるため、将来への投資と思えば納得の学費なのかもしれません。そんなMBAをはじめ、最近の注目度が高まっているアメリカの大学院留学ですが、実際はアメリカの大学院留学の情報は大学留学ほど多くないのが現状です

ひとつ言えることは、留学費用の資金面はしっかり把握し計画しておくことが、アメリカの大学院留学の成功につながる重要なポイントであることです。

キャンペーン情報

» 詳細はこちらをクリックしてください

「海外の大学へ進学したい…」

最も一般的なルートと言われているのが、
コミュニティカレッジからの留学スタートです。

ただ、意外と知られていない落とし穴があるんです…

>> コミュニティカレッジで失敗しない!海外大学進学の方法

1.アメリカの大学院留学にかかる一般的な費用とは?

アメリカの大学院留学にかかる一般的な費用とは?

アメリカの大学院には州立と私立があり、そのどちらを選ぶかでも大きく留学費用が変わってきます。また大学院が都市部にあるのか、郊外や田舎にあるのかによっても学費には大きな差が出てくることも予め認識しておきましょう。

学費が準備できなければ大学院留学を実現することは難しくなってくるので、留学諸費用の中でも固定費用でもある学費だけは留学を始める前にしっかり把握、準備しておく必要があります。

州立大学院の場合

州立大学院の魅力は、なんといっても安い学費でしょう。一般的には1年間の学費だけでもUS$5,000~US$25,000ほどで、生活費を含めた滞在費を含めて年間最低US$20,000~US$40,000と見ておくと無難です。

ただし、州立大学院になると学生数も多くなるためサポート体制や設備の充実には私立大学院よりは劣ることが多いですが、中にはUS系(カリフォルニア大学系列)の大学院のように美しいキャンパスと充実設備が揃っている学校もあるので、学校選びの際には費用だけでなく設備やサポート体制についても考慮しておくと良いでしょう。

私立大学院の場合

私立大学院は、やはり少人数制の講義スタイルとスタッフによるきめ細やかなサポート体制が人気となっています。一般的には1年間の学費US$25,000~US$45,000ほどで、生活費を含めた滞在費は年間最低でもおよそUS$35,000~US$55,000程度と見ておくとよさそうです。

私立大学院は州立大学院と比較すると学費は高めになっていることは仕方がないとも言えますが、トップクラスの私立有名校になるとMBAプログラムを卒業するまでにUS$100,000(日本円で約1千万円程度)かかる場合もあるので高額の学費は覚悟しておきましょう。

2.途中で休学し大学院の留学費用を貯める?留学の期間・スタイル・専攻・目的を事前に決めるべき?

途中で休学し大学院の留学費用を貯める?留学の期間・スタイル・専攻・目的を事前に決めるべき?

アメリカの大学院のほとんどは2年過程としている学校が多いですが、中には1年だけと事前に決めて留学する人もいます。つまり、1年目と2年目の間を休学し、その間帰国してお金を貯めるといったパターンの人も少なからずいるのはぜひ参考にしたいところですね。

また日本の大学院と提携している大学院では1年間の交換留学プログラムを実施している大学院もあるので、現在大学院に通っている人は担当教授や学生課で確認してみても良いでしょう。

すでに社会人として働いている人の場合は、会社を休職、もしくは一旦退職してからアメリカの大学院留学する人が多いので、卒業後のキャリアアップやキャリアチェンジの方向性を決めておくと留学期間を決めやすくなります。

つまり、留学前に専攻や将来への展望をある程度ビジョン化しておくことは必要なことと言えます。なぜなら、そのビジョンをもとに留学期間やスタイルを決めることも可能だからです。

アメリカの大学院留学は決して簡単なものではありません。留学する人の高い志と探究心、そして費用面をカバーできる資金が揃って初めて実現性があるものと言えるでしょう。

3.アメリカの大学院に留学する場合、奨学金(スカラシップ)はある?

アメリカの大学院に留学する場合、奨学金(スカラシップ)はある?

アメリカの大学院では、留学生を対象にしたインターナショナル・スカラシップなどを大学院独自に設置している場合があります。特に、成績優秀者や各分野で功績を持っている人がメインになり、多くの場合が学費の全額免除、もしくは一部免除になります。レアなケースですが出願の際にスカウトされる場合もあるので、インタビュー(面接)の時に積極的に質問してみると良いでしょう。

また、中にはキャンパス内で働きながら講義を受けることができる「ワークスタディ」というシステムがあるので、教授のアシスタントなどをしながら利用している留学生もいます。こちらも出願時、もしくは入学時に大学院に直接問い合わせてみることをお勧めします。

また、日本学生支援機構の海外留学奨学金など国内でも奨学金を受けることもできるので、気軽に相談するのもよいでしょう。
海外留学奨学金(日本学生支援機構) – JASSO

4.アメリカ大学院への留学中の生活費はどのくらい準備しておくべきか?

アメリカ大学院への留学中の生活費はどのくらい準備しておくべきか?

アメリカの大学院留学にかかる費用のうち、生活費はどのくらい毎月必要となるでしょうか?学費は各大学院のサイトや願書を確認すればおおよそ分かりますが、生活費だけは進学したい大学院がある州や都市によってかなりの差額が生じててくる費用なので、概算であっても把握しにくい費用です。

基本的には、毎月の最低家賃US$1,000は考えておきましょう。食費や日用品費、衣服代、参考書なども考慮して、1ヶ月分の生活費はUS$ 1,500~US$25,000ほどで問題ないと言えます。

一般的にアメリカの家賃は高いため、生活費を抑えるためにキャンパス内の寮やホームステイ、または友人とハウスシェアするなど賢く住居費を抑えている学生が多いのも事実です。

しかし、アメリカの大学院では教授のアシスタントや研究補助など給料が支払われるキャンパスワークが許可されているので、賢く利用すれば事前に準備した留学費用をある程度は使わずに済むかもしれません。

5.アメリカに大学院留学する場合、家族からの必要なサポートとは?

アメリカに大学院留学する場合、家族からの必要なサポートとは?

アメリカの大学院に留学する人は20代以降の人になります。中には社会人として働いていた人が英語力や専門知識をさらに向上させるために大学院留学をするケースもあるので、自分で留学費用を貯めている人も少なくはありません。

しかし、先に紹介したようにアメリカの大学院留学費用は非常に高額なため、万が一のトラブルに見舞われることもあります。非常事態になった場合の資金面の援助や安全体制について、出国前までにしっかりと話し合っておくとスムーズなサポートができ、2年間の大学院留学を無事に成功させることもできるでしょう。

また、時には電話やメールなどで気遣うなどの精神的なサポートは不可欠です。中には、「ネットは苦手で…」という家族もいるかもしれませんが、この際良い機会と思って有効な連絡手段として存分に活用してみてはいかがでしょうか?

「海外の大学へ進学したい…」

最も一般的なルートと言われているのが、
コミュニティカレッジからの留学スタートです。

ただ、意外と知られていない落とし穴があるんです…

>> コミュニティカレッジで失敗しない!海外大学進学の方法