日本でも人気を集めている格闘技ですが、最近では観戦するだけでなくダイエットや健康維持などの目的でジムに通う人も多くなってきました。男性だけでなく女性も格闘技ジムに通っている人も徐々に増えてきており、徐々に身近なスポーツとして浸透してきていることから街中でも格闘技ジムを見かけるようになってきました。ジムに通う人の中にはよりレベルの高いトレーニングや技術取得を目的にアメリカの有名ジムや団体直属のジムへの留学を考える人もいるでしょう。

スポーツ大国のアメリカでは、各都市の至る所にジムや道場が地元に根付いており、大変身近なスポーツ施設として地元の人が所属しています。もちろん、ジムや道場の中にはプロ選手や選手権上位入賞するような有名選手が所属する有名ジムや道場もあり、格闘技留学を目指す人には本格的なトレーニングに励むことができる環境が整っています。それぞれの格闘技ジャンルで有名コーチやトレーナーなども数多くいるだけでなく、様々なジャンルの格闘技に触れることができるアメリカは格闘技留学に最適の留学国と言えるでしょう。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.格闘技にはどんなスポーツがあるの? アメリカで人気の格闘技とは?

「格闘技」といっても、そのスポーツは多岐に渡ります。格闘技の代表ジャンルと言えばボクシングやキックボクシング、ムエタイをはじめ、プロレス、MMAと呼ばれる総合格闘技(Mixed martial arts)が挙げられます。その他、日本では武道としての認識のある柔道や空手のほか、レスリングも格闘技ジャンルに含まれる場合もあるのが、アメリカの格闘技ジャンルとされる特徴のひとつでしょう。

アメリカでは格闘技全般的に人気の高いスポーツですが、特にボクシング人気は高く、プロやアマチュアに限らず公式戦も多く開催されています。また柔術や空手、レスリング、プロレスの選手だった人が総合格闘技(MMA)に転身することも多く、近年MMA人気が注目されています。

2.アメリカに格闘技留学するまでの流れとそのメリット

アメリカに格闘技留学するまでの流れは、希望する留学スタイルによって異なり、その留学スタイルによってメリットも大きく異なってきます。

①:アメリカ格闘技留学スタイルによる流れの違い

アメリカに格闘技留学するには、まずトレーニングや練習に通うジムを探すことから始めましょう。日本で通っているジムで留学先におすすめのジムや候流のあるジムを紹介してもらうのがその情報に間違いがなく最もおすすめです。

また、留学期間をどのくらいの期間にするのかによって留学までの流れが変わってきます。観光目的でアメリカに入国するのであればビザ取得は必要ありませんが、90日を超える長期格闘技留学を希望する場合は語学学校、もしくは大学から学生ビザ(F-1ビザ)の発行手続きや入学手続きも必要になるため、留学までの流れは大きく変わってきます。

長期留学を希望する際は、留学先となるジムや学校との手続きを含めて留学開始までの準備期間として、少なくとも1年程度あれば余裕を持って留学準備を進めることができるでしょう。

また、留学スタイルに関わらず、アメリカのジムでのトレーニングや指導は、全て英語となるため、トレーニングはもちろん日常生活で困らない程度の英語力は留学までにしっかり身に付けておくことをおすすめします。

②:アメリカ格闘技留学のメリットとは?

日本にも世界レベルの王者に君臨する優れた選手はたくさんいますが、アメリカには格闘技人口が日本に比べると多いため、各ジムや格闘技団体には身体能力が圧倒的に優れている選手が多く所属しています。そのため、アメリカのジムや団体に所属するプロ選手たちと同じリングでトレーニングすることによって、体力面だけでなく、技術面が飛躍的に向上することができる環境が整っていることが最大のメリットと言えるでしょう。

また、大学に通いながら格闘技留学をする場合は、大学でしっかりと勉学に励みながら格闘技に打ち込むことができる環境が整っているのもメリットのひとつです。時には、アスレチックトレーナー認定プログラムを専攻することによって、選手としてだけでなくプロのトレーナーとして活躍することも可能になります。将来の選択肢が広がることもアメリカの大学に通いながら格闘技留学する大きなメリットと言えるでしょう。

3.アメリカ格闘技留学期間と留学費用について

①:アメリカ格闘技留学期間について

アメリカ格闘技留学の期間は留学する人それぞれによって異なりますが、大きく分けて、観光目的のESTAの90日間を限度としてアメリカに滞在する短期留学と、語学学校や大学に在籍しながら格闘技を続ける場合は最長4年間となり、年単位の長期留学があります。長期留学の場合はじっくり格闘技トレーニングを受けることが可能といえるでしょう。

②:アメリカ格闘技留学の費用について

アメリカ格闘技留学を考える時に、検討材料の一つとして留学費用は大きなポイントになりますが、留学スタイル、留学先の都市、学校などによって費用は大きく変動します。語学学校、大学に在籍をする場合は、各学校の公式ホームページ、願書、留学エージェントなどで必ず学費や寮費などの費用を確認するようにしましょう。

ESTAで90日間以内の滞在の場合は、家賃や食費などの生活費が主な費用となりますが、年単位の長期留学の場合は、学費が留学費用に占める割合が高くなるため留学期間によって高額になる傾向にあります。一般的な大学留学概算費用については、別コラム「アメリカの大学留学費用について【期間別の概算費用と奨学金情報】」で、また語学学校に在籍する長期留学の場合は別コラム「アメリカ長期留学のスタイル・費用・奨学金情報をまとめました」で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみましょう。

トレーニングで通うジムの費用は学費や生活費とは別途となるため、直接現地のジムや留学エージェントに確認するようにしましょう。経済的理由で留学を途中で断念することがないように余裕を持って留学費用を準備することが充実した格闘技留学を実現するポイントになります。

4.アメリカ格闘技留学おすすめ校とおすすめの都市

①:アメリカ格闘技留学におすすめ校とは?

アメリカに格闘技留学でもっとも重要なのは、トレーニングや練習に通うジムがどの都市にあるかによって、在籍する学校、大学を決めることになります。語学学校であっても、履修授業時間は週18時間と決められており、特にアメリカの大学の場合は文武両道が在籍するための最低条件となっています。

いかなる理由があっても一定の成績を修めることができない場合は落第、もしくは退学処分、学生ビザの取り消し処分にされることがあります。そのため、格闘技のトレーニングと学業がしっかり両立できる環境が整っている学校が、最もおすすめの学校と言えるでしょう。

また格闘技はプロ転向を目標とする人も多いため、所属するジムのトレーニングの方向性をメインにする人もいますが、あくまでも学生としてアメリカに滞在していることを認識して、まずは学業にもしっかり取り組む姿勢が大切です。

②:アメリカ格闘技留学におすすめ都市とは?

アメリカ格闘技留学で人気の高い地域としてアメリカ本土のカリフォルニア州やハワイが挙げられます。ホノルルやワイキキ、アメリカ本土のロサンジェルス、サンディエゴなど1年を通して気温差が少なく温暖な気候がトレーニングにも適していることから、格闘技留学におすすめの都市といえますが、留学するジムの所在地によって留学先となる都市は異なるため、おすすめ都市は留学先のひとつとして参考にしてみましょう。

5.アメリカ格闘技留学後の進路について

アメリカ格闘技留学を修了した後の進路は、格闘技留学をする人にとって自分の現実的な将来像となるため気になるところでしょう。格闘技といっても、選手だけに大きなスポットライトが当たりますが、アメリカに留学することによって培った英語力や大学での専攻分野で活躍の場を広げる人も少なくありません。

アメリカのジムで格闘技留学する人の中には、そのセンスを買われてプロに転向する人も多く、アメリカのジムや団体に選手として契約する人もいれば、日本に帰国して国内のジムや団体と契約する人もいます。選手としても華々しい活躍をする可能性は少なくありません。

また、日本に帰国後はジム経営やトレーナーなどの指導者として格闘技に携わる人も多く、選手としての経験だけでなく大学で学んだ専攻分野と英語力を活かして、団体や組織マネージメントとして経営者やトレーニング知識を豊富に持つ指導者として活躍する人もいます。

数あるスポーツの中でも最もストイックなスポーツとしてより一層厳しい環境に身を置くことになる格闘技留学は、身体面だけでなく精神面においても大きな成長につながる留学スタイルです。レベルの高い格闘技ジャンルの世界王者を数多く輩出しているアメリカで、日本では経験できないトレーニングや指導を受けて自身のレベルアップに挑戦してみましょう。きっと新しい未来へのリングを掴み取るのも夢ではないでしょう。

「手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦」

全世界20都市以上無料の現地サポートオフィス
帰国後の英語講座が1年間無料などの徹底サポートを提供

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)