読者の皆さまはメッセージアプリLINEを使っていますか?

日本国内では既存の電話やメールよりもLINEアプリでのメッセージや通話の方が使用頻度が高いという方も多いのではないでしょうか?アメリカ留学を決めた方も、留学中に日本の家族や友達とLINEで連絡を取りたいと考えている方も多いかと思います。そこで今回は、アメリカ留学中のLINE使用についてご紹介します。

1.アメリカ留学中にLINEは使える?

1.アメリカ留学中にLINEは使える?

そもそもアメリカでもLINEのアプリは使えるの?と疑問に思っている方もいると思います。特に海外に行ったことがない方は、一番気になることでしょう。結論から言うと、アメリカでもLINEのアプリを使うことができます!メッセージはもちろん、通話ビデオ通話をすることも可能です!

また、意外と知らない方が多いのですが、LINEのアプリはパソコンでも使うことができ、カメラ付きのパソコンやその付けのカメラをつければ、スカイプのようにパソコンでビデオ通話をすることも可能です!LINEのアプリを活用することで、日本の家族や友達と顔を見ながら会話することができるのは、留学生にとってはかなり心強いことでしょう。

アメリカでもLINEを使うことができることをわかっていただいたので、次の項目では、アメリカでLINEを使う際の注意点をご紹介します。

2.アメリカでLINEを使う時の注意点とは?

2.アメリカでLINEを使う時の注意点とは?

アメリカに限らずですが、海外でLINEを使う際には幾つかの注意点があります。意外と知らなかったり、ついつい忘れてしまうこともありますので、十分に注意してください。

  • ①:データ通信(データローミング)をオフにする
  • ②:無料のライン通話は音声がクリアではない。固定電話に電話をかけることができない

①:データ通信(データローミング)をオフにする

まずは、数週間の滞在などの短期留学の方は特に注意して頂きたいのですが、短期留学をする方の多くは、日本で契約しているdocomoやau、SoftBankなどのキャリアを契約したままにアメリカに行くと思います。その際、各キャリアのデータ通信(データローミング)を使ってしまうと、海外でパケット通信が勝手に使われてしまい、請求金額が跳ね上がってしまう危険性があります。

これを避けるために、アメリカに行った際には必ずデータ通信(データローミング)や4G LTEはオフにしましょう!この操作は日本で契約しているキャリアの回線を使うことを止めるだけなので、アメリカでの街のWi-FiやポケットWi-Fiなどのネット回線を使えば、通常通りLINEを使うことはできるので、安心してください!

②:無料のLINE通話は音声がクリアではない。固定電話に電話をかけることができない

LINEと言えば無料でメッセージや通話をすることができるアプリとして知られていますが、アメリカなど遠く離れた場所では、使用している回線によっては無料通話の音声がクリアでないことがあります。また、無料のLINE通話では、LINEのユーザーにしか電話をかけることができないので、LINEを使っていないおじいちゃんおばあちゃんに電話をかけたい!という時は困ってしまいます。

そんな時は、LINE電話が便利です!

LINE電話とは、無料のLINE通話とは違い、有料のサービスですが、通常のキャリアより通話料が10分の1以下になることもあるほど格安で国際電話をすることができます!

もちろん音声もクリアで、LINEユーザーでない携帯電話や固定電話にも電話をかけることができます。目安の通話料金としては、固定電話⇒1分3円、携帯電話⇒1分14円ほどです。使い方としては、短時間の電話をする方にお得なプリエイド式なコールクレジットと呼ばれる方法と、さらに長く電話をする方にお得な30日プランという方法の大きく2種類あります。

アメリカでもうまく活用すれば、LINEを便利に使うことができます!ぜひとも今回ご紹介した注意点を考慮し、アメリカでも快適にLINEを活用してください!
▶LINEモバイルについて詳しくはこちら

3.アメリカ人もLINEを使ってる?

3.アメリカ人もLINEを使ってる?

これまでの項目で、アメリカでもLINEは問題なく使えることがわかって頂けたと思います。それでは、アメリカ人もLINEを使っているのでしょうか?

結論からい言うと、アメリカではほとんどLINEは使われていません!

LINEを使っている人と言えば、日本人留学生はもちろんですが、他には日本人の友達を持つアメリカ人や他の留学生くらいです。外国人からするとLINEは「日本人と連絡を取るためのアプリ」という認識が強いようです。メッセージアプリで言えば、韓国で広く使われているカカオトークもありますが、これも日本で使っている人のほとんどは韓国人の友達と連絡するために使っているという現状と同じような感じです。

アメリカではLINEはあまり使われていないことが分かって頂けたと思います。それでは、アメリカではどのようにしてメッセージを使っているのでしょうか?

ある調査によるとアメリカ全世界でのメッセージアプリのアクティブユーザー数ランキングは以下の通りでした。

1位 WhatsApp(9億人) ←アメリカ発
2位 QQ(8億6000万人) ←中国発
3位 Facebook Messenger(8億人) ←アメリカ発
7位 LINE(2億1200万人) ←日本発

※2016年1月時点、Statista調べ。
※現地に着いてから必要に応じでDLをオススメします。

このランキングは全世界を対象にしているものですが、やはりアメリカでもWhatsAppFacebook Messengerの利用者数が多いのが現状です。

Facebook Messengerは日本でも使われていますが、WhatsAppはあまり使っている方も少ないと思うので、アメリカに行く前にぜひともダウンロードしておくことをオススメします!

まとめ

まとめ

今回はアメリカでのメッセージアプリのLINE利用についてご紹介しました。アメリカでも日本と同様に使うことはできますが、海外での普及率は日本ほど高くないと分かって頂けたと思います。アメリカに限らず、それぞれの国で人気の高いメッセージアプリは異なります。

アメリカに留学した際にも、アメリカ人とはWhatsAppで、韓国人とはカカオトークで、中国人とはQQでと、友達の出身国によって使い分けることになるかもしれません。せっかくの機会なので、LINE以外のメッセージアプリを使ってるのも楽しいかもしれません!
▶LINEモバイルについて詳しくはこちら