パソコンとインターネットの普及によって一気に注目集めたIT業界。アップル社をはじめアドビシステムズ、yahooやgoogle、フェイズブックやツイッターなど生活に密着しているIT関連会社は数多くあり、そのほとんどのIT企業がアメリカ西海岸のカリフォルニア州シリコンバレーに本社を置いていることは有名で、IT業界で働きたい人が憧れるITのメッカと言っても良いでしょう。

IT分野はコンピューターだけでなく、ソフトやインターネット、各種プログラミングなど幅広い分野を網羅しているため、IT留学する際は学びたいIT分野を決めておくことがおすすめです。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.IT留学とは?学べる分野とは?

①:IT留学とは?

パソコンとインターネットの普及によって一気に注目集めたIT業界。日本でもIT知識や技術を学ぶことが可能ですが、IT留学はあえて日本とは異なる海外の教育機関で学ぶことによって英語力と国際感覚を養いながらさらに広い世界でITへの知識を深めるための留学スタイルとなっています。常に一歩先の未来を作っていくIT業界で活躍するために必要な英語をしっかり身に付けながら、ITに関する基礎知識、幅広い専門知識も深く学べることが、IT留学の大きなメリットと言えるでしょう。

②:IT留学で学べる分野とは?

アメリカIT留学で学べる分野は大変幅広く、IT留学を考えている場合は将来活躍したいIT分野を大まかでも決めておくとよいでしょう。アメリカの大学にはITに関する学部がほぼ開講されており、入学時点の学力や英語力によって大学を選ぶことができます。

アメリカIT留学で学べる代表的な分野としては、ソフトやゲームアプリなどの開発やプログラミングをするソフトウェア学をはじめ、ネットワークシステムを構築するネットワークエンジニア学、ウィルスやスパイウェアの侵入を防ぐセキュリティ構築学、そしてパソコンや携帯、タブレットなどの本体機器を設計するハードウェア学などが挙げられます。

2.アメリカにIT留学するメリット


アメリカの大学でIT分野を学ぶメリットとして、理系分野に関してまったくの初心者であってもIT基礎知識を含めて理系分野を基礎から学べることが挙げられます。その背景として、アメリカの大学は日本の大学とは異なり、入学前に選考学部を決めておく必要性がなりません。誰でも希望する分野を学べるチャンスが用意されている環境となっているのです。

ただし、いきなりアメリカの大学に入学して、慣れない英語の環境の中で全く初めてのIT用語などに触れるよりも、アメリカへIT留学する前に日本に最も近く、IT環境が充実しているセブ島で語学留学とプログラミングの基礎知識を身に付けておくことをおすすめします。ある程度のIT用語やプログラミングスキル、そして日常会話が可能な程度の英語力があれば、アメリカIT留学でもスムーズに授業につくことができるようになるからです。

近年では、日本に近いセブ島やインド、フィリピンなどへのIT留学も注目されていますが、アメリカIT留学は訛りのない美しい英語とIT知識を同時に修得できる大きなメリットがあり、英語が共通言語となっているIT業界でもブランド留学として今も高い人気を誇っています。

そのため、世界各国で通用する英語とITスキルを自在に使える貴重な人材としてIT業界でも需要が高く、就職には有利と言えます。アメリカIT留学後は、世界のIT業界はもちろん、ソフトウェア会社、ITコンサルティング会社でエンジニアとして活躍する人をはじめ、留学中に培った人脈を使い自身で会社を起業したり、フリーランスとして活躍する人も多いのも、アメリカIT留学のメリットと言えるでしょう。

3.アメリカIT留学期間と留学費用について


アメリカIT留学の期間は、留学先に選ぶ教育機関によって異なります。専門学校の場合は1年プログラムが多く、2年制大学の場合は2年間、そして4年制大学の場合は最長4年間となります。もちろん留学期間が長くなれば、その期間に比例して留学費用も高額になります。

そこで気になる留学費用ですが、専門学校の場合は1年コースの学費が約US$15,000~となっており、生活費は留学先の都市によって変動してきます。一般的には東海岸に比べて西海岸のほうが2~3割程度物価が安いため、留学費用を抑えることができるでしょう。留学費用の大部分を占める学費は毎年変動しており、また各専門学校、大学によって異なるため、必ず公式ホームページや留学エージェントに学費を確認するようにしましょう。

詳しくは別コラム「アメリカの大学留学費用について【期間別の概算費用と奨学金情報】」で、一般的な大学留学概算費用について説明しているのでぜひ参考にしてみましょう。

4.アメリカIT留学におすすめ校とおすすめの都市


アメリカからは現在のIT業界を牽引する多くのエンジニアを輩出してきたことからも分かるように、アメリカの大学におけるIT教育は世界の中でも常にパイオニア的位置付けとなっています。

①:アメリカIT留学おすすめ校とは?

IT留学する人におすすめの大学は全米に数多くあります。IT留学で人気の高い西海岸カリフォルニア州にあるカリフォルニア州立大学各系列校やスタンフォード大学、一方で東海岸ではマサチューセッツ州にあるハーバード大学やマサチューセッツ工科大学(MIT)がIT留学におすすめ校ランキング上位に常にランクインしています。全米でも屈指の有名校となればインターンシップ環境も整っており、時にはシリコンバレーの有名IT企業でインターンとして現場に携わることができるチャンスに恵まれるかもしれません。

ただし、アメリカの大学選びにおいては、大学のネームバリューだけではなく、自分が学業に専念できる環境が整っているかが重要ポイントです。気になる場合は、留学開始よりも前に現地やキャンパスを下見しておくと良いでしょう。

②:アメリカIT留学おすすめの都市とは?

誰もが知っているIT企業が集結しているシリコンバレーがITを目指す人のメッカになっていることから、カリフォルニア州の各主要都市、サンフランシスコ、ロサンジェルス、サンディエゴなどの人気が高くなっていますが、留学先となる大学が所在するによって滞在都市は変わってきます。まずは、IT各分野を学ぶ環境として自分に合っている留学先となる大学を選ぶようにしましょう。

5.アメリカIT留学するまでの流れと事前準備しておくこと


アメリカの大学にIT留学する場合は、まずアメリカの大学に入学しなくてはなりません。そのため、志望校の出願期間に入るまでにTOEFLスコアは必ずクリアしておき、推薦状やエッセイなどの必要書類をしっかり準備しておくようにしましょう。ほとんどのアメリカの大学では9月と1月に新学期が始まるため、年2回出願するチャンスがあります。希望するIT分野を学べる大学にぜひともトライしてみましょう。

また、専門学校へIT留学する場合は留学エージェントを通して申込する人も多いので、気に入ったプログラムがあればぜひエージェントに問い合わせてみましょう。専門学校の場合、毎週プログラムが開始されることが多く、自分の都合に合わせて留学時期を決めることができることが大きなメリットでしょう。

また、アメリカの大学に入学するまでの間に、最近人気のセブ島でIT留学するのもおすすめです。英語を話すという環境や一定のプログラミング力をアメリカIT留学の前に付けておくと、アメリカでの授業でも理解しやすくなります。特にアメリカのIT授業の場合は、1人の指導者に対して20~30人の生徒が一度に学ぶクラスもあるため、事前にプログラミングの知識やスキルがあると授業についていきやすくなります。セブ島にはIT語学留学におすすめのスクールもあるため、アメリカへ挑戦する前に事前準備としてセブ島IT留学を一度検討してみましょう。

今後はさらにネット社会が進み、パソコンや携帯などのハードウェアもどんどん進化していくでしょう。その一方で、ITエンジニアの需要はさらに高くなり、専門知識とスキル、そして世界の国々で活躍できる英語力を身に付けたエンジニアはIT業界でさらに貴重な存在となっていきます。アメリカという広い世界で国際感覚を身に付けながら、未来のITエンジニアを目指してみませんか?

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pediaでは「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供した留学のご相談を受け付けております。家族や友だちと一緒でもOK! まずは↓からご予約下さい、お待ちしております!

» 無料でプロに相談する