高校を卒業したら、日本の学校じゃなくてアメリカの大学に行きたい!という人や、高校を卒業してすぐに社会に出たけど、やっぱり勉強をやり直したい。そしてどうせならアメリカの大学で勉強したいという人は、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

だけどアメリカに留学するのって手間がかかりそう、とか予算の目安がわかりにくくて不安、という理由でついつい後回しにしたり、結局諦めてしまうということもあるかと思います。

今回はそんなアメリカ留学を考えているけど留学のことがいまいちわからない、という方に、アメリカ留学のプランや予算をご紹介します。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.高卒でアメリカ留学する場合のプランとは?

1.高卒でアメリカ留学する場合のプランとは?
一言で留学といってもその方法はいくつかあります。それぞれのプランによって予算や学習内容、申し込み方法も変わってくるため、自分にあったプランを見極めることが重要です。

プラン①:大学留学

留学と聞けば真っ先に思いつくのが大学留学です。大学留学であれば英語力はもちろん、日本と同様に大学教育を受けることになるので、語学力に合わせて教養も身に付けることができます。

高卒でアメリカの大学を目指す場合、いくつかの準備が必要です。

大学のレベルにもよりますが、どの大学へ行くにしてもまずは自身の英語力を示す成績を残さなければなりません。大学留学に使えるスコアとしてはTOEFLやIELTSが主なものになります。

どちらも主要大学では有効なスコアですが、アメリカの大学を希望するならTOEFLを取得しておくことをオススメします。IELTSはイギリス英語や語学力を試す試験である一方、TOEFLはアメリカ英語、そして実践的な英語力を試されます。

あとは志望理由のエッセイを書いたり、卒業校の成績表、高校の先生や職場の上司の推薦状が必要になりますが、まずはTOEFLスコアの獲得に力を入れるのが良いでしょう。

プラン②:コミュニティカレッジ(コミカレ)への留学

コミュニティカレッジは市や州が運営するいわゆる二年制大学です。一般的な州立大や次第に比べて学費も安く、一般大学への編入も可能ということで、とりあえず留学へ行きたいという人や、いきなり大学へ行くのにはレベルが高いという人にも人気のコースです。

必要なものは大学留学と大差ありませんが、一般的な大学に比べて必要なTOEFLなどのスコアが平易なため、留学の敷居は比較的低いと言えるでしょう。

プラン③:語学留学

とにかく英語力だけ身に付けたい、アメリカの大学・大学院へ行きたいけどスコアを獲得するための英語力が欲しいという人は、語学留学も良いでしょう。

語学留学であれば期間や費用、場所も自由に選べますので、留学中に勉強以外のこともしたいという人にもおすすめです。手続きも比較的簡単で、基本的にはどこもお金さえ払えば入学が可能です。

プラン④:専門学校への入学

語学学校へ通う人の中には、空いた時間で映画やアート、ファッションなどの専門学校に通う人も少なくありません。語学学校は基本的に午前中授業で終わりますので、興味の分野があれば午後の時間を使って専門学校へ行くというのもスキルアップに繋がるでしょう。

2.高卒でアメリカ留学する場合のビザの種類と滞在期間について

2.高卒でアメリカ留学する場合のビザの種類と滞在期間について
学生ビザであるF-1ビザでの留学が一般的です。

アメリカへ入国する際のビザは種類だけで言えばかなりの量になりますが、留学の
際はF-1ビザの利用が一般的です。F-1ビザはいわゆるアメリカの学生ビザにあたります。取得もビザの中ではもっとも簡単なため、大学やコミュニティカレッジはもちろん、語学学校の入学許可証があれば取得が可能です。

有給インターンシップを受けながら学校にも通うという人には、インターンシップ参加者用のJ-1ビザというのもありますが、ある程度の英語力と勤労経験が必要です。社会人から目指すのであれば良いかもしれませんが、高校を卒業してすぐに留学に行くということであればF-1ビザで問題ないでしょう。
アメリカ留学で必要なビザ(F1ビザ)の申請手続き+面接の注意点解説

滞在期間について

F-1ビザの場合ですと、自分の学校を卒業するまでの期間+60日の間アメリカに滞在することが可能です。有給インターンのJ-1ビザであれば、最大で一年半の滞在が可能ですが、滞在期間だけを見れば、学生ビザの方が長期の滞在が可能であると言えるでしょう。

ちなみに短期間の語学留学であれば、学生ビザを取得しなくてもESTAと呼ばれる電子認証での入国が可能です。期間は90日以内ですが、短期留学で良いのであればそちらも参考にしてみるとよいでしょう。
アメリカ留学のESTAってなに?ビザとは違うの?概要を解説します

3.アメリカ留学に必要な資金はどれくらい?

3.アメリカ留学に必要な資金はどれくらい?
アメリカ留学のプランを考えるときに気になるのがやっぱりお金の話。どの学校に
通うのかによっても予算にはかなり幅があります。

①大学留学の場合

大学留学であれば基本的に四年間通うことになりますので、四年分の学費+生活費で計算します。

ただ、私立か公立かによってかなり学費に幅があり、安いところでは、一年あたり1万ドルから、高いところでは4万ドルほどにもなり、私立の方が高額です。生活費(寮費)はどこも平均して1万ドル/年ほどですので、一年あたりの在学費用が3万ドル前後、それを四年ですから12万ドル程度で考えておく必要があります。

日本の大学費用に比べて高くなってしまいますが、現地の大学の奨学金や日本の奨学金も調べておくと費用を抑えられるかもしれません。高校を卒業してすぐということであればこちらの奨学金を利用するのもおすすめです。
アメリカの語学留学・大学留学に使える奨学金は?給付団体6種類+1

②コミュニティカレッジの場合

コミュニティカレッジであれば学費も比較的安い上、2年間の滞在なので費用は抑えることができます。1年間あたりの学費は平均して1万ドル、それを2年と生活費であれば、2年間で4万ドル前後の費用になるでしょう。

③語学学校の場合

語学学校は何かと融通がきくため、一番予算のプランが立てやすい留学方法です。地域にもよりますが、安いところであれば一週間で700ドルくらいが一般的で、授業の質の高いところやブランド力のある学校なら1,500ドル程度が平均でしょう。

半年間平均的な語学学校に通うとすれば、学費を900ドル/週と考えて、3600ドル✖6ヶ月=21,600ドル、合わせて生活費を5000ドルとすれば、半年で大体3万ドル弱になるでしょう。

いかがだったでしょうか。自分が留学で身に付けたいこと、やりたいことに合わせてプランを組み立ててみてくださいね。