アメリカの高校に留学したいと思ったことはありませんか?

当記事では実際にアメリカの高校に留学をしたことのある方の体験談をまとめ形式で紹介します。

文化や言語が異なる国で高校生活を経験することは素晴らしいことであり、視野を広げるのに非常に良い機会です。アメリカの高校に留学を考えている方には必見の記事です。

年間160万円からの中・高留学!世界のエリートの集うボーディングスクール!

ここでしか得られない情報が満載です。

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.わずか3秒で決めたアメリカ留学で学んだ文化の違い

1.わずか3秒で決めたアメリカ留学で学んだ文化の違い

名前 岩谷ちなつ
留学した時の学年 高校2年
留学先 ジョージア州
留学期間 1年

留学を通して普通の高校生ができないことを数多く経験することができたそうです。アメリカではテストや受験のために勉強するのではなく、「理解する」ために勉強するのが当たり前。 日本とアメリカの文化の違い、特に日本の高校生の自由の少なさについて指摘されており、日本の高校生も自由と責任について学ぶ必要があると主張しています。
»関連記事:3秒で決意したアメリカ留学

参考になる文章抜粋

「アメリカ文化というものは「自由と責任」の社会で成り立つものなのだと考えています。子どもでも大人でも皆自由を持っているので、自分がやりたいことには家族や国が全力で応援します。でも、その自由には大いなる責任が伴っていて、その責任は家族や国が負うのではなく、自身が負う、というのがはっきりとしていたと思います。」

2.授業中の飲食は当たり前!?クリスマスツリーの州での1年留学

2.授業中の飲食は当たり前!?クリスマスツリーの州での1年留学

留学先 オレゴン州
留学期間 1年

日本と違い、授業中の飲食はもはや当たり前。現地で生まれ育ったアジア人も多く在籍していたため、留学生であることに気付いてもらえず最初は苦労ばかり。自分から積極的に話しかけないと友達ができないまま留学生活が終わってしまうことに気付き、どんどん自分から話しかけた結果、友達がたくさんできました。ホストファミリーと一緒にカリフォルニア旅行までしたそうです。
»関連記事:オレゴン留学:成功の鍵はミスを恐れないこと

参考になる文章抜粋

「ミスを恐れず、どんどん話して行く事で、周りのみんなも自分に興味を持ってくれるようになります!恐れないで話しかけることが成功の鍵だと気付きました。」

3.アメリカでは昼食中も授業内容についてのアツイ議論が続く

3.アメリカでは昼食中も授業内容についてのアツイ議論が続く

名前 木村匠
留学先 ペンシルベニア州
留学期間 1年

お昼休みに生徒たちが真剣に話し合っていた内容はなんと政治。授業に対する生徒の積極的な姿勢に驚いたらしいです。 日本を客観的に見ることが留学の目的でした。異なる文化の中で使ったことのない言語でコミュニケーションをとる難しさを痛感しつつ、貴重な体験をすることができたそうです。
»関連記事:留学中甘えないで苦難を楽しめ!

参考になる文章抜粋

「留学中は楽しいことはもちろんですが、世間一般で言われる辛いこともたくさんあります。ただ、それを自分がどうやって乗り越えていくかを自分で試すことで将来の自分に役立てることができます。」

4.授業で最も大事な要素は生徒の自己主張

4.授業で最も大事な要素は生徒の自己主張

留学先 オレゴン州
留学期間 1年

スキー場がホームステイした場所から車でわずか1時間ほど離れた場所にある自然豊かなオレゴン州で1年間留学しました。理数系の授業は日本と比べて簡単なのであまり苦労はしなかったものの、歴史や英語などの授業では生徒一人一人の意見が求められたので大変だったそうです。アメリカでは生徒の積極性が成績の多くを占めるので黙っていると致命的です。アメリカの課外活動は日本と違い、季節毎に部活が変わるユニークなシステムです。
»関連記事:自然に囲まれながらの留学体験

参考になる文章抜粋

「 日本では、たいていのことが自己主張なしでも何とかなるかもしれないが、アメリカでそういう考えは通用しない。」

5.やればやるほど認められる実力社会での留学生活体験

5.やればやるほど認められる実力社会での留学生活体験

名前 上地美沙
留学した時の学年 高校1年
留学先 バージニア州
留学期間 中学留学2年を含めて計5年

サッカーがきっかけで友達が増え居場所を見つけることができました。勉強でもスポーツでもやればやるほど評価が良くて周りに認められるのが当たり前なアメリカ。寝る生徒は一人もおらず、自らが率先して授業を進めるのにショックを受けました。挫折を通して精神的に成長するのも留学の魅力の一つでしょう。少人数で授業を行うメリットは先生との距離が近いこと。そして結果が良ければ褒めてもらい、そうでない場合はしっかり向き合ってくれる綺麗事ゼロの授業であることです。
»関連記事:変化のきっかけはサッカー

参考になる文章抜粋

留学したら、日本とは違う環境になるし、必ず挫折もするでしょう。上手くいかないことも多いですが、それを乗り越える事によってひとまわりもふたまわりも大きくなれます。アメリカ高校留学を通して、物怖じしなくなりました。そして、何にでもやってみよう!と思うようになったのは自分の中でとても大きいです。

以上となります。気になる体験談がありましたらぜひご覧ください。

年間160万円からの中・高留学!世界のエリートの集うボーディングスクール!

ここでしか得られない情報が満載です。

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)