長期間アメリカに留学したいと思ったことはありませんか。アメリカのほとんどの大学は外国人留学生専用の特別枠を設けてあります。アメリカで教育を受けたことがなくてもこの枠を使えばアメリカの4年制大学に入学することができます。

本記事は日本とアメリカの大学の違いや大学の選び方を解説します。さらに必要な書類やかかる費用と奨学金制度についても説明します。最後に卒業後の進路の選択肢についても解説します。アメリカに長期間留学したい方にとって必読の記事です。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.アメリカと日本の大学の違い

1.アメリカと日本の大学の違い

よくアメリカと日本の大学は違うと言われていますが、今から具体的にどのように違うかを解説していきます。

①専攻決定

日本の大学では受験時にあらかじめ専攻を決めて学部の受験をします。アメリカの大学ではどの学部でも入学条件が同じなので専攻を決めなくても入学ができます。

最初の2年間は一般教養の授業を受けるのでその間に自分が勉強したい専攻を考えるのが一般的です。入学と同時に専攻を申請することはできますが、途中で専攻を変える人も少なくありません。アメリカでは専攻を変更することが認められています。最初の2年間で何回か専攻を変更し、3年・4年の時に最終的に決めた専攻に沿った授業を受けます。

②大学編入

アメリカはよく自由の国呼ばれています。実際、大学の編入も自由に行うことができます。入学した大学が予想していたのと違うと感じた場合、他の大学に編入することができます。既に取得した単位も変換することができます。日本と違い厳しい規定はなく単位変換にお金はかかりません。

アメリカのオバマ大統領みたいに2年修了後(つまり一般教養課程を修了後)さらに上のレベルの大学へ編入する生徒も少なくありません。

③授業の進め方

日本の大学の授業は教授が一方的に生徒に話しかける講義形式の授業が一般的ですが、アメリカでは学生が主体で授業が進められます。日本と違い授業中寝ている学生はいません。

アメリカの大学ではどれだけ積極的に発言をするかが最終評価に大きく関わります。日本みたいに期末試験を合格すれば単位は取得できる考えは通用しません。多くの授業では生徒間の白熱した議論などが展開されます。寝ていると置いていかれ、最悪の場合除籍処分を受けることになります。

④課題の量

アメリカの大学の課題の量も日本の大学とかなり違います。数十ページの資料を読み、次週の講義の予習や準備をしないと積極的に参加できなくなります。アメリカの大学は少人数クラスが多いので予習をしないと教授も当然気付きます。授業についていけない場合当然成績も悪くなります。

アメリカのほとんどの大学は4段階で評価をします。2.0を下回ると警告を受ける可能性があり、最悪の場合退学処分を科さられます。

2.アメリカの大学の選び方

2.アメリカの大学の選び方

アメリカの大学は2年修了まで専攻を申告する必要がありません。一般教養課程の目的の一つは様々な分野の授業を受けて、自分が興味のあるものを探すことです。

2年間一般教養の授業を受け、なんとなく気に入った分野を専攻にするのが一般的です。大学の入学条件は全学部共通なのでこれから大学を選ぶ際に参考にすると良い点を紹介します。

①授業の数

最初の2年間は一般教養の授業を受けることになるのでなるべく授業数の多い大学を選ぶとその分選択肢が増えます。逆に授業数の少ない大学を選んでしまうと好きな授業がなくてもその他のオプションがないので興味がない科目を仕方なく受けなければなりません。

②学部の数

2年の一般教養を修了後、専攻を決めなければいけません。大学にはいくつかの学部があり、それらの学部に付属する専攻がいくつかあります。授業と同様学部の数が多ければ多いほど、専攻の選択肢も増えます。

③教師と学生の比率

アメリカでは講義授業は比較的少なく学生と教授がディスカションを通して授業を進めるセミナー形式の授業が多いです。クラスの平均サイズが低ければ一人一人の学生が自分の意見をじっくり話し合うことができますが、大人数のクラスだとその余裕はありません。

自分の発言回数などが最終評価に関わる場合が多いので、クラスサイズが大きすぎると競争が激しくなります。小さいクラスの方が一人一人発言する機会が多いので積極的に参加しやすいです。

3.留学生枠を使ってアメリカの4年制大学に入学する方法

3.留学生枠を使ってアメリカの4年制大学に入学する方法

①必要な英語力

アメリカでは多くの大学が留学生用の特別枠を用意しています。授業はもちろん全て英語で行われるのである程度英語能力がなければ授業についていけません。基準は大学ごとに異なりますが一般的にTOEFL90点 が最低ラインです。

それを下回るスコアでも稀に入学許可が下りる時もありますがその場合現地で追試験が行われ、その結果によって補習授業を受けされられる可能性があります。

②かかる費用

大学生の納付金は大学ごとに異なります。さらに大学の種類にもよります。文部科学省の統計によると4年制の私立大学の授業料はおよそ2万ドル(200万円程度)で、私立の総合大学の授業料はおよそ3万ドル(300万円程度)です。
»参考:教育指標の国際比較(PDF)

単純計算すると総合大学に4年間通うとすると授業料だけで1,000万円以上かかります。その上に寮やアパートの家賃・光熱費・教科書費用・交通費・食事などのコストが上乗せされます。

③留学生用の奨学金について

多くの大学が提供する奨学金はアメリカ政府による米国民向けの援助です。残念ながら留学生用の奨学金を提供する大学は少ないです。

大抵の場合、留学生用の奨学金は入学願書の審査段階で合否が決められますので学生側が追加の書類を提出する必要はありません。合否を決める基準は学生が入学願書と共に提出する小論文、英語能力、高校の成績などが総合的に評価されます。

④提出する書類

提出の求められる書類は基本的にどの大学も同じです。入学許可を得るためには高校の通信簿が必要です。 日本語で書かれている原本書類は認証済みの英訳と一緒に提出しましょう。

TOEFLなどのスコアはテストの運営会社を通して学校にスコアを通知しなければいけません。各大学は4桁の数字を登録してあり、受験者はこの数字を使うことで住所を一から記述することなく、簡単に送付依頼手続きができます。

パスポートのコピーと財政証明書の提出も求められます。これは最低でも最初の1年分の生活費を確保しているか確かめるためです。これらの書類を提出して審査に合格したら入学許可を取得しI-20の書類が送られてきます。このI-20書類を使ってビザの申請手続を開始することができます。また、ビザが正式に取得できたらプログラム開始前に学校側にその証明をしなければいけません。

4.アメリカの大学卒業後の進路オプション

4.アメリカの大学卒業後の進路オプション

大学卒業後の進路として考えられる道は就職と大学院進学です。帰国後に就職活動や進学をすることもできるし、そのまま現地で活動を続けることもできます。

①現地採用

アメリカの大学に4年通うと英語力がかなり伸びることが推測されます。日本語と英語を両方使ってコミュニケーションをとれることは現代社会において非常に重要なスキルです。

卒業後現地で採用される可能性もあります。ロサンゼルスやボストンなどの大都市では年に数回日本語と英語のバイリンガルのためのキャリアフェアが開催されます。世界中の企業がバイリンガルの新卒を採用するため一箇所に集まる大規模なイベントです。アメリカで4年制大学を卒業する日本人は少ないので面接で目立つチャンスです。

②帰国

卒業後に帰国するのが最も一般的かもしれません。アメリカに滞在し続けるためにはビザを更新しなければいけません。帰国する場合、手続などは必要ありません。

帰国後大学院に進学することもできるし、就職活動をすることもできます。アメリカの大学は5月に年度が終わるので4月の入社までの期間が1年弱あります。最近は9月入社を行う会社や企業もあるのでそちらに挑戦することもできます。

③大学院進学

アメリカの大学を卒業したらそのまま現地の大学院に進学することも可能です。学士号を取得後、修士号や博士号を目指す方にはこの進路がオススメです。

ビザに関しては在籍していた大学の課程を修了した日と新たに 入学する大学院のプログラムの開始日が5カ月の開きがない場合、ビザに記載された学校とは違う学校へ入学するとしても新しいビザを申請する必要はありません。