待ちに待ったアメリカ留学。皆さんの留学の目的はなんでしょうか?

留学といえばやっぱり英語力の向上がメインになってくる人が多いかと思いますが、せっかくのアメリカ留学で、何も身につけられることが一つだけ、とは限りません。

人種のるつぼと呼ばれるだけあって、日本だと中々得られないような環境や経験をアメリカでは得られることができます。

人生に何度とない留学生活ですので、できることはとりあえずやってみたいですよね。今回はそんなアメリカ留学で、英語以外にも学べることをいくつかご紹介します。

最大1年間英語レッスンが無料。英語を身につけたら世界で挑戦!

留学準備は「留学情報館」で!最安保証でサポートの限界に挑戦しています

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

1.アメリカ留学で学べる言語は英語だけじゃない!

1.アメリカ留学で学べる言語は英語だけじゃない!

アメリカは英語を話す人が大半ですが、英語以外の言語が母国語であるという人も多く住んでいる国で、実は国語として定められている言語も存在していません。

留学中にも英語以外の言語をたくさん耳にすると思いますが、どうせならそれらの言語も英語と一緒に勉強してみるのはいかがでしょうか。

①:スペイン語

移民の大半を占めるヒスパニック系の人たちが話しているのがスペイン語。世界で二番目に話されている言語ということもあり、アメリカ人でも第二言語として勉強する人は多く、人気の言語です。

②:中国語

ヒスパニックと同じく、アジアからの移民の大半は中国系の人たちです。彼らもまた中国語をメインに使うほか、アメリカ人でも勉強している人は少なくありません。

日本にとってはお隣の国の言語ということもあり、英語と中国語を話せる人材のニーズはこれからも高まっていくでしょう。

このほかにもドイツ語やフランス語といったヨーロッパの言語、そして韓国語やインドネシア語のようなアジアの言語を、現地でしっかりと学んでみるのもいいかもしれません。

語学学校でも言語学習プログラムの一環としてこういった外国語の講習を行っているところもあるほか、地域のフリープログラムでこういった言語の講習を行っているところもあるようです。

2.アメリカ留学で専門知識やスキルを学ぶスタイルとは?

2.アメリカ留学で専門知識やスキルを学ぶスタイルとは?

語学留学だからと言って、なにも語学のみ勉強している必要はありません。

語学学校以外にも、アメリカには様々な専門学校があります。専門的なスキルを英語で勉強することで、英語力の向上にもつながります。

①:ファッションデザイン

語学留学と同様に多いのがファッション関係で留学している人たちです。ニューヨークなどの大都市圏にはファッションデザインの専門学校も多くあり、語学学校に通いながらファッションも、という人をよく見かけます。

最大規模のファッション市場をもつアメリカで、しばらくの間修行してみるのもいいかもしれません。

②:アート

ファッションと同じく、写真や絵などを専門にした学校もあります。自分の好みに合わせた専門学校を調べてみましょう。
»関連記事:アメリカ留学でアートを本格的に学ぶ【アメリカアート留学のまとめ】

③:映画

ハリウッドを抱える国だけあって、映画関係の専門学校も多く存在します。有名な監督や俳優を輩出している学校もあり、まさに本場の環境でスキルを磨くことができます。

④:建築

都市や建築デザインをアメリカで学ぶのも良いでしょう。専門学校へ行くのもいいですが、アメリカには無数のアトリエやデザイン事務所が存在しています。

ある程度スキルがあったり、憧れの人がアメリカにいる場合は、そういった事務所などでインターンとして雇ってもらうのも良いかもしれません。

3.アメリカ留学でインターンを通じてビジネススキルを養おう

3.アメリカ留学でインターンを通じてビジネススキルを養おう

①:現地インターンのメリット

ある程度語学力がついたと思ったら、今度はインターンシップに参加してみるのはいかがでしょうか。

現地のインターンに参加すれば英語力の向上にも効果があるほか、アメリカでのビジネスマナーや実際の現場を体験することができ、その時に得た知識や経験は日本に帰っても活きることでしょう。

また、長期間のインターンへの参加はキャリアにもつながり、そのままインターン先に就職してしまったり、日本で関係企業とコネクションを築けたりと、単なる経験には終わらないメリットもあります。

②:日系企業でもインターンは有意義な経験に

英語力に自信がなくても、日系企業であればそこまでの英語力は求められないためおすすめです。 

日系企業とは言っても現地で仕事をしている会社であることには変わりないため、アメリカで働くとはどういったものかということを知ることができる貴重な体験です。

筆者もニューヨークに滞在していた時は、数ヶ月ほど日系のメディア関係の企業にインターンをしていましたが、インタビューや記事の執筆など、いわゆるライターの仕事というものを一通りやらせてもらうことができ、非常に有意義な時間を過ごすことができました。

現地の企業はちょっとハードルが高い・・・という人も、日系企業であればそこまで気を張ることもないので、ぜひチャレンジしてみてください。
»関連記事:アメリカ留学をより有意義に!インターンシップの種類と探し方

アメリカへ留学に行って、持って帰れるものが英語力だけだとやっぱり少し寂しいですよね。せっかくの機会ですので、語学ついでに色々な経験やスキルも日本に持って帰りましょう。

最大1年間英語レッスンが無料。英語を身につけたら世界で挑戦!

留学準備は「留学情報館」で!最安保証でサポートの限界に挑戦しています

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)