「アメリカの大学に留学したい」と思い立ったら、まず気になるのは一体留学費用はいくらくらいかかるのかと言うことでしょう。

希望をいっぱい語っても、この資金面がクリアしなくてはアメリカの大学にはチャレンジできませんよね。なぜなら、アメリカの大学は履修科目をきっちり修得し卒業することに重点を置くシステムだからです。

はっきり言って、入学することは一定の英語力や学力、高校卒業証明できる書類があれば、さほど難しいことではありません。

しかし、入学後はどの学生も学業を第一優先にキャンパスライフを送ります。英語力が十分でない留学生にとっては、とてもハードルが高く、キャンパス内でバイトをすることすらも難しいのが現実です。

つまり、卒業までの期間の留学費用をある程度カバーできるほどの資金準備は必須の課題と言ってもよいでしょう。

そこで今回は、アメリカの大学留学する際の費用に関してまとめました。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.概算費用:アメリカの大学留学にかかる費用とは(半年・1年・2年・4年)

shutterstock_264841283

一般的な費用として学費に加えて寮費、食費といった生活費が含まれます。

学費については、州立と私立といった違いだけでなく、私立大学の場合は各大学によって学費に大きく差があり、また滞在する各都市によっても留学費用は大きく変動するので、ここでご紹介する留学費用はあくまで参考程度としてください。

期間 学費 生活費(滞在費・食費) 総額
州立大学 半年 5,000~18,000ドル 3,500~6,250ドル 8,500~24,250ドル
私立大学 半年 14,500~21,500ドル 5,750~6,750ドル 20,250~28,250ドル
州立大学 1年 10,000~36,000ドル 7,000~12,500ドル 17,000~49,500ドル
私立大学 1年 29,000~43,000ドル 11,500~13,500ドル 40,500~56,500ドル
州立大学 2年 20,000~72,000ドル 14,000~27,500ドル 34,000~27,250ドル
私立大学 2年 58,000~86,000ドル 13,000~27,000ドル 81,000~113,000ドル
州立大学 4年 40,000~144,000ドル 28,000~55,000ドル 68,000~199,000ドル
私立大学 4年 116,000~172,000ドル 26,000~54,000ドル 142,000~226,000ドル

生活費は賢くやりくりすれば安く抑えることができますが、「安全はお金で買う」といわれるほどの犯罪大国でもあるアメリカなので、その点は現地に慣れた頃に考えてみると良いでしょう。

注意点①
入学金等は含んでいません。各大学によって入学手数料には大きく差があるので、必ず出願の前に願書、もしくは各大学のホームページにて確認するようにしましょう。

注意点②
円表示にしますと為替相場によって大きく変動するため、あえてアメリカドルの表記でご紹介しています。

2.アメリカの大学留学にかかる費用を明確化する方法

shutterstock_165850319

アメリカの大学留学にかかる費用は、在籍大学、滞在都市、滞在方法、生活費以外の費用など一人ひとり異なるので、自分が希望する大学留学に一体いくら費用が掛かるのかは自分で概算でも把握しておく必要があります。

概算でも費用を計算するのは難しいかもしれませんが、自分の留学計画の大きな土台になる部分なのでしっかり組み立てていくことが大切です。

① 私立大学 or 州立大学を決める

アメリカの大学は、州立大学と私立大学に大きく分類されます。現在、全米には4年制大学が州立、私立合わせて約1400校、コミュニティカレッジと呼ばれる2年制大学が約1100校あり、合計2500校があります。

州立大学は州によって設立された大学で、日本でいう公立大学にあたります。そのため、比較的学費は安めに設定されている場合が多いと言えるでしょう。地域密着型の2年制大学(コミュニティカレッジ)はこの州立大学に属しており、短期留学でも受講できるプログラムが多いことが魅力と言えます。

一方、私立大学はアイビーリーグをはじめ全米でも歴史ある有名校が多く、特に超難関大学と言われるハーバード大学をはじめ、多くの私立大学がアメリカ東部に集中していることも特徴といえます。日本と同様、学費は高め、もしくは高い大学が多く、都市部にある場合も多いため生活費も高額になる傾向があります。

このように、まずは留学したい大学が、州立なのか、私立なのかにもよって、留学費用は大きく変わってきます。逆に留学予算から希望大学を絞り込むことも可能ですが、その大学で専攻したい学部のプログラムが充実しているのかを確認することを忘れないようにしましょう。

② 留学期間を決める

アメリカの大学の学期のほとんどは、セメスター制(2学期制)となっています。そのため、アメリカの大学に留学するのであれば、最短で約4ヶ月~半年の留学期間となります。

また、ディプロマ取得を目的とした正規留学の場合は約4年間の留学とみておいた方が良いでしょう。つまり、留学期間によって留学費用は大きく変動するので、留学予算から留学期間を決めることも可能です。

ただし、ディプロマ取得が目的で卒業を見込んだ正規留学については、年単位の留学になるのである程度高額な留学になることも覚悟しておくことが必要です。

③ 留学形態を決める

アメリカの大学留学のタイプは様々あります。高校卒業後入学する直接入学、日本で大学を卒業して適用単位を移行する編入学(Transfer)、そして日本の提携大学から1年間限定で在籍する交換留学(Exchange)などがあります。

中でも、現実的に学費が安くなるのは編入学するTransferという留学方法でしょう。履修単位が移行できることで、留学先の大学で履修する科目が少なくて済むため留学期間を短くすることができるからです。しかし、直接入学時にスカラシップを獲得できれば在学中の学費はほとんどかかりません。

また交換留学の場合も一年間と限られている上、日本の提携大学側から留学費用の詳細について説明があるので概算でも把握しやすいといえます。

以上のように、自分でアメリカの大学留学にかかる費用は概算で把握することができます。ただし、最低限の費用で留学を計画するのはとても危険なので、なるべく余裕を持った留学費用を概算で出しておくことをおすすめします。

3.アメリカ留学費用節約の定番!奨学金を受けるには?

shutterstock_309691307

アメリカの大学には、連邦政府や州政府による奨学金をはじめ、様々な奨学金がありますが、留学生に適用されるのは各大学による奨学金(Scholarship)となります。

授業料が全額免除、一部免除になる奨学金(Scholarship)の中には、インターナショナル・スカラシップ(International Scholarship)という留学生向けの奨学金がある場合もあります。編入入学でも適用になる場合がありますが、4年間出願校に在籍することを条件とする場合もあり直接進学者に授与されることが多いです。

尚、成績優秀者やスポーツ、芸術などの功績、リーダシップなどが選考対象になる場合が多く、留学生の対応に慣れている大学であれば面接時にスカウトされる場合もあります。

もちろん、スカウトを待つだけでなく積極的に自分から質問してみるのが最も良い方法と言えるでしょう。

また最近では、日本でも日本学生支援機構による海外留学奨学金が注目を集めています。国内の進学奨学金と同様に返済義務が生じる奨学金となりますが、留学費用は高額になるので賢く利用することをおすすめします。

各希望大学へだけでなく、日本でもぜひ気軽に相談してみましょう。

その他、各金融機関の教育ローンでも留学資金として貸付可能の場合があります。

補足:アメリカの大学留学する時の家族のサポートについて

shutterstock_155600645

どうしても高額な費用が必要となるアメリカの大学への留学。学生の方はもちろん、すでに社会人の方も家族とよく相談して、サポートしてもらえる部分はしっかり確認しておきましょう。

アメリカの大学留学は、楽しいことばかりではありません。現実的には、講義とレポート、テストに追われるかなりハードな大学生活となります。

日本のようにバイトに重点をおく大学生活は、アメリカでは留学生と言う立場上ほぼあり得ないとも言えるでしょう。そのため、どうしても資金面では家族に頼らざるを得ない状況になるかもしれません。そんな時のために、出国前には必ずどのようなサポートまでなら可能かといった詳細までしっかり確認しておくことが必要です。

スランプに陥ることが予想される…

また、アメリカの大学留学では、英語力による劣等感から誰もがスランプに陥ることが予想されます。そんな時は日本にいる家族からの精神的サポート次第で、アメリカの大学留学が成功するかが決まります。

時には優しく、時には叱咤激励する家族の声は、遠くアメリカの地で一人頑張る留学生にとってはお金には変えられない、何よりのビタミン剤になります。

アメリカの大学留学にかかる費用は、もしかすると日本の私立大学以上にかかってしまう場合があります。本人の努力だけでなく、家族からもサポート体制をしっかり整えておくことも後悔のない大学留学を送るためには不可決と言えるでしょう。