アメリカ留学に行く際、持参する荷物はどのようなものを想像していますでしょうか?

パスポートや航空チケットなどそもそもアメリカに行くために必要なものがまず挙げられます。次にアメリカで英語を学ぶ際に必要とされる電子辞書やパソコンが挙げられると思います。

そして、日々の生活に不可欠な衣服も持参する必要があります。多くの留学生の荷物の大半を占めるのが、この衣服類です。

そこで今回は、アメリカ留学に必要な衣服はどれくらいなのか、どうすれば荷物を少なくできるのかについて、留学経験者の声をもとにご紹介します。

もくじ

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.アメリカ留学で荷物になる衣服類の効率的な運び方

1.アメリカ留学で荷物になる衣服類の効率的な運び方
留学中の生活のために持参する衣服類を運ぶ方法としては以下の2パターンが考えられます。

  • ①:スーツケース等に入れて、自分で運ぶ方法
  • ②:アメリカでの滞在先に郵送する方法

それでは、順番に見ていきましょう。

①:スーツケース等に入れて、自分で運ぶ方法

まず一般的に考えられるのが、スーツケース等に入れて運ぶ方法です。この方法で、衣服類を全部運ぼうとすると大型のスーツケース2つはないと入らないと思われます(2つでも足りないという方も多いかと思いますが、現実的にそもそも2つしか運べません)。

スーツケースで運ぶ際にご注意頂きたい点があります。衣服類を効率的に運ぶ方法として、「圧縮袋」を使用される方が多いかと思います。圧縮袋は限られたスペースに衣服類をできるだけ多く入れたいという方には大変便利なモノですが、スーツケースに入る量が増えるということは、その分重量が増えてしまうということに、ご注意頂きたいです。飛行機には1つの荷物当たりの重量制限があります。その重量を越してしまった際には追加料金が発生してしまいます。かなりの重量オーバーになった場合は数万円の追加料金が発生する場合もありますので、十分にご注意ください。

②:アメリカでの滞在先に郵送する方法

初めて留学する方は特に郵送するという選択肢がない方が多いのではないでしょうか?日本からアメリカに行くまではまだ大丈夫かもしれませんが、アメリカの空港に着いてから、滞在先まで、大きく重い荷物を何個も持って移動するということは、想像以上に大変です。

事前にアメリカでの滞在先が決まっている方は、出発前に郵送することをオススメします。

滞在先がまだ決まっておらず、まずはホテルに滞在しながら部屋を探すという方もいらっしゃるかと思います。そのような方は、1週間分ほどの着替えのみ手荷物として運び、残りの荷物は滞在先が決まってから日本から郵送してもらうと良いでしょう!

一度でも海外に荷物を郵送したことがある方は、重い荷物を海外に送ると数万円かかってしまうということをご存知かもしれません。実際、重量や郵送先により変わりますが、2、3万円はかかると思います。しかし、大変な思いをしながら全て自分で運び、さらに空港で数万円払うのであれば、数万円払い楽をして送る方が得策と言えます。

留学に向けて、荷物をパッキングした際に、荷物が多くなってしまった方は、郵送するという選択肢も検討してみてください。

2.アメリカ留学している留学生はどれくらい服を持参している?

2.アメリカ留学している留学生はどれくらい服を持参している?
留学先の地域や季節によっても異なりますが、他の日本人留学生はどれくらい衣服類を持参しているのでしょうか?男性女性関わらず多くの方に聞いてみた結果、2泊3日用サイズのスーツケースにして平均1個半もの衣服類を持参していました。やはり中でも女性は冬用のコートや靴・ブーツなどスペースを取るモノもお気に入りのモノをアメリカでも着たいという気持ちが強いようで、荷物もかなり多くなってしまっているのが実態でした。

しかし、それほど多くの衣服類を持参した方でも、実際に使ったモノはどれくらい尋ねてみると、全体の6割ほどしか使わなかったという方が多くいらっしゃいました。持参したが一度も使わなかったモノもあったという方も中にはいました。

そのような結果を踏まえ、筆者がオススメする方法は、1週間分ほどの着替えのみ持参し、残りの足りない分は全て現地で購入するという方法です。日本に居ても、1年間でどれくらい衣服類を買ったか思い返してみると、誰もがかなりの量になると思います。

同じようにアメリカでも、留学先で流行っているデザインの服や、アメリカにしかないブランドのモノなど、留学先では留学先で欲しいモノが必ず出てくるでしょう。また、このように留学中のアメリカで買った服や靴は、帰国後も思い入れが残り大事に使っているという方も多く、一種の思い出作りとしても良い方法だと言えます。

皆さまも最低限の衣服類だけ持参し、あとは現地調達という方法も検討してみてください!

実際にアメリカ留学中の服装を覗いてみる

10.01.sat work out 🏃🏃🏃 #newton #massachusetts #アメリカ留学

Yukimiさん(@yukimi_kwbt)が投稿した写真 –

3.オススメ!日本未進出のアパレルショップ3選

3.オススメ!日本未進出のアパレルショップ3選
アメリカに留学した際には、現地の方々に着ている最新ファッションやアメリカならではのブランドのショップにも行ってみたいという方も多いのではないでしょうか?そこでこの項目では、日本未進出のアパレルブランドについてご紹介します。アメリカに留学した際には、ぜひともお試しください!

①:アーバン・アウトフィッターズ(Urban Outfitters)

こちらはニューヨークを中心に展開されているセレクトショップです。ニューヨーカーにも人気の高いショップなだけあり、都会的なセンスが感じられるモノが多く取り揃えられています。服のスタイルも偏りがなく、様々なスタイルがあるので、誰が行ってもきっとお気に入りの1品が見つかることでしょう!

②:アンソロポロジー(anthropologie)

こちらは女性に大人気の可愛らしいデザインのモノを取り揃えるショップです。ファッションだけでなく、おしゃれな雑貨も豊富に取り揃えられており、アメリカでの生活を彩ってくれる雑貨をぜひゲットしてください!

③:ニューヨークカンパニー(New York & Company)

大人のためのNYブランドといえばこのニューヨークカンパニーと言われるほど大人の女性に人気の高いブランドです。アメリカ留学をきっかけに大人の女性へとステップアップしたいと考えている方は、是非一度足を運んでみてください!

今回は、特に人気の高い日本未進出ブランドをご紹介しました。しかし、これらのショップの他に、皆さまが留学する先の街にも必ずお気に入りのショップが見つかるはずです。アメリカ留学を通して、英語力だけなく、ファションセンスも磨き上げたと胸を張って言えるように、アメリカならではのショップの開拓にも力を入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

まとめ
アメリカ留学の滞在先に行く道中には、緊張や不安で落ち着かないこともあるかもしれません。そんな時大きく重い荷物をいつくも抱えていては、なかなか落ち着くことができないことでしょう。持参する衣服類の量を減らすことで、気持ちも軽く、アメリカのファッションブランド巡りも含め、楽しくアメリカ留学をスタートさせましょう!