留学を通しての語学学習、旅行、友人作り、生活を通しての様々な経験すべてが自己の成長へつながる-Connect-から学校名付けられたそうです。

Connect English(コネクトイングリッシュ)は2009年に2人の英語教師によりミッションバレーに開校され、現在はラホヤ、パシフィック・ビーチにもCampusが開校されています。便利なロケーション、厳選された講師のダイナミックな授業、お手頃な授業料、スタッフの手厚いサポートなどフレンドリーな生徒が人気の理由です。

そんな穴場のConnect English(コネクトイングリッシュ)に伺いました。

Connect English(コネクトイングリッシュ)の場所

ミッションバレー校はトロリー駅の隣に位置しているので通学にとても便利です。
ラホヤ校はバス停から少し離れているため、公共の交通機関を利用する生徒へは無料のシャトルがUTCモールのそばから出ているそうです。
パシフィック・ビーチ校へはバス停から徒歩5~10分程度だそうです。

こちらがミッションバレー校の入口となります。早速中へ入っていきましょう!

Connect English(コネクトイングリッシュ)を覗いてみよう

中に入るといきなり受付が出現!常勤スタッフがいるのでいつでも安心です。

学校内を見学させていただきました!

受付の前には共有スペースが有り、生徒さんの溜まり場だそうです。

奥に進むと教室などが連なっています。

学校の奥に行くとカフェコーナーがあり、生徒同士がリラックス出来る環境も完備してます。

有料ですがコーヒーを安くも買えます!

Connect English(コネクトイングリッシュ)の特徴とは?

「はじめまして!Connect English(コネクトイングリッシュ)コーディネーターの和美です。いつもはパシフィック・ビーチ校で勤務しています。皆さんと同じく留学を経験しているので、色々な面でサポート出来れば幸いです。短期/長期の留学に興味の興味があり、現在検討されている方は「アメリカへ行きたい!」という気持ちを忘れずに目標を達成して下さい」

また、Connect English(コネクトイングリッシュ)は厳選された経験豊富な英語講師によるダイナミックで活気ある授業を手頃な授業料で提供しているのが当校が最も人気のある理由です。3つのキャンパスともサンディエゴ内の人気なエリアに位置しており、公共の交通機関を使って通学が便利に出来ます。毎月沢山の校外、校内アクティビティがカレンダーにて提示されます。生徒はアクティビティを通し、他の生徒との交流を深め、楽しく英語を学びアメリカ文化を体験しています。

毎週通常の授業に加え、発音クラスとカンバセーションクラスが無料で提供されています。苦手な発音を克服したり、又習った語彙を会話に取り入れる練習の出来る良いチャンスです。

留学生の国籍や人数

校舎によって様々ですが、多様な国籍で成り立っています。
ブラジル、トルコ、アラブ、中国、韓国、タイです。比較的日本人は少なく国籍比率は良い方だと思います。

教室はどんな感じ?

せっかくなので教室も見せてもらいました!

クラスは月曜日から木曜日まで行われており、午後9時から午後1時25分までとなります。授業はコアクラスとスキルクラスに分かれており、朝の2コマをコアクラスと言い、午後のクラスをスキルクラスと呼んでいます。
一般英語のプログラムを受講している生徒さんには文法を中止に行い、その他にも読み書き、語彙、発音の練習にフォーカスしています。

TOEFLのプログラムを受講している生徒さんにはTOELFのテストで高得点取るために対策も行っています。スキルクラスはコアクラスで学んだ文法を活かせる会話中心のクラスになっております。

授業後の課外活動も充実

毎月、校内アクテビティーが行われており、フェイスブックやカレンダーで共有されているそうです。10月はハロフィンパーティや夏はサーフィンレッスンなども実施されるとのことです!

Connect English(コネクトイングリッシュ)を動画で紹介

以上、Connect English(コネクトイングリッシュ)のレポートでした。
立地的にはあまり良くないですが西海岸を感じられる素晴らしい環境です。また学校としても講師陣やカリキュラムなどが優れており、国籍比率をバランスが整っています。

また、建物はちょっと古く他の学校に比べると老舗感が出ています。
授業終わり、外でみなさん集まってお話してたりしたのですごいアットホームでみなさん仲良さそうでした。