海外では、当たり前の交通手段としてメジャーになっているUber(ウーバー)。まだ日本では浸透していませんが、人気の観光地であるハワイでもUber(ウーバー)は多くの方に利用されています。使い方を理解すれば、簡単に利用でき効率的にハワイ観光ができるUber(ウーバー)の魅力について迫っていきます!

今回はUber(ウーバー)の使い方や利用時の注意点などさまざまな面から紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ハワイの公共交通機関について

メインのハワイ島やハワイの経済観光の中心地でもあるオアフ島など、いくつかの島が集まって成り立っているハワイ。そんなハワイの島々を太平洋取り囲んでいます。

ハワイで最大の島であるハワイ島の広さは四国の半分ほどになり、ハワイの中心地であるオアフ島でも沖縄本島よりやや大きいくらいの面積しかありません。

そのため、ハワイの島々には日本やヨーロッパの様に鉄道やトラムなどの公共機関はなく、メインの交通手段は今でも「車」です。

観光の際はレンタカーやツアーのバス、ハワイの現地の人達の足であるローカルバスのThe Bus(ザ・バス)を利用することがほとんどですが、近年は「配車サービス」が出てきたことにより、ハワイでの交通事情も少しづつ変わってきているようです。

そもそもUber(ウーバー)ってなに?

Uber(ウーバー)とは、アメリカ発祥の配車アプリになり、スマホ1つでリーズナブルにハイヤー(タクシー)を利用できるサービスです。

ウ-バーのアプリを利用することにより、ウーバー専用のドライバーと、乗客をマッチングして目的地へ移動することができます。タクシーよりも安く利用できるとして、爆発的な人気を見せ現在は世界の81ヵ国以上で利用が可能で、旅好きなら必ず押さえておきたい配車アプリです。

Uber(ウーバー)の種類について

Uber(ウーバー)は利用できる車のタイプが選ぶことがあります。人数や乗りたい車種などで選びましょう。ハワイで利用できるUber(ウーバー)は以下がメインのようです。

  • UberX:セダンタイプのウーバー(1名~4名乗車可能)
  • UberXL:大人数用のウーバー(1名~6名用乗車可能)
  • UberSELECT:高級車によるウーバー(1名~4名乗車可能)
  • TAXI(通常のタクシー)
  • タクシーVan(大型のタクシー)

Uberの中で最も一般的なサービスがUber Xです。車種も一般的なグレードのものが多く、比較的新しい車が多いです。初めてウーバーを使う方やどの車種を選んだらいいかわからない…という時にはUber Xを選んでおけば間違いないでしょう。

他にも一番安いサービスとして、Uber Pool(ウーバープール)があります。これは他の客と相乗りサービスになり料金も一番安く利用することが出来ます。慣れてしまえば格安でウーバーを利用することができますが、初心者には少しハードルが高いかもしれません。

Messenger

Uber
開発元:Facebook, Inc.
無料
posted with アプリーチ

Uber(ウーバー)予約方法?

まず、ウーバーを利用するには専用のアプリをダウンロードします。その後、アカウントを作成して下さい。ウーバーのアプリのダウンロードは無料で出来ます。登録についても費用はかかりません。

注意点
登録には時間がかかることもありますので、事前に登録作業は済ませておくようにしましょう。登録の際には支払いのためのクレジットカードが必要になりますので手元に用意しておいてください。

登録が完了したら、実際に配車の予約を行います。まずアプリを開き、行き先を文字入力して検索します。現在いる場所の近くを走っている車が表示されるので、車種とドライバーを選びます。

車種の欄の下には料金の目安も表示されるので、だいたいの見積もり料金をあらかじめ知ることができます。

配車する車を決めたら「ハイヤーを依頼する」ボタンから予約を行います。これで予約は完了です。何かトラブルがあればドライバー直接やり取りもできます。

Uber(ウーバー)料金はいくら?

ウーバーの降車時に提示される乗車料金は、次の項目に基づいて計算されます。

開始料金: 迎車の料金
走行時間: 乗車から降車までの時間
走行距離: 走行ルートの距離
ピーク料金 (該当する場合)

ウーバーの利用料金は時間帯やエリア、乗る距離によって変わってくるので一概にいくらとは言えませんが、同じ距離でも通常のタクシーを利用するより安く使えることがほとんどのようです。

Uber(ウーバー)の乗り方について

アプリに表示された車がくるまでの時間が経つと、今いるところに予約したドライバーが到着します。

もし、予約した配車が見つからないときには「連絡する」ボタンを押せば、ドライバーと直接話すことが出来ます。しかし、ハワイだと英語での会話になりますので、電話する場合はある程度の英語力が必要になります。

配車した車を見つけたら早速乗車します。乗車したら、行き先はすでにアプリ上で伝わっているため、改めて言葉で伝える必要はありませんが、ダブルチェックの意味でも口頭で行先を伝えるようにしましょう。

ウーバーのドライバーは基本英語しか話せませんが、ハワイには日本人観光客が多いことから日本語を少し話せるドライバーも多いそうです。

Uber(ウーバー)の降り方について

目的地に到着したら、料金は事前に支払われているため車内で現金やクレジットカードでのやり取りはありません。また、チップも支払う必要はありません。チップをせがまれても渡さなくて大丈夫です。

乗車後はドライバーを星の数1~5で評価することができます。次に利用する人の参考のためにも正直に評価しましょう。

Uber(ウーバー)利用の注意点

配車場所

Uber(ウーバー)の場合は一般の車になるため、空港やホテルエントランスなど普通のタクシーなら入れるエリアに入れない場合があります。その時は、車道などで載せてもらわないといけませんので早目にドライバーに伝えるようにしましょう。ホテルによってはUber(ウーバー)の送迎を許可しているところもあるのでフロントに確認してみて下さい。

混雑時は料金があがることも

ウーバーは利用者が多い時間帯、通常よりも料金が高くなる事があります。何時とは決まっていませんが、混雑時には20%くらい料金がアップすることもあるそうです。もし、混雑する時間であれば料金か上がるのかドライバーに確認しましょう。

待機料金がかかることも

ウーバーで配車の手配をしたけれど、待ち合わせ場所が見つからず遅れてしまった…なんてことも旅先ではよくあることです。ウーバーはドライバーが待機している料金もかかってしまうため、大幅に遅れてしまうとかえってタクシーより高くついてしまった…なんてことになりかねません。しっかりと待ち合わせ場所は確認してから行きましょうね。

アプリにはネット接続が必要

ウーバーのアプリを利用するにはネット通信が必要なためWi-Fiにつなぐか、データでネットに繋ぐ必要があります。ネットが繋がる環境でないとドライバーと連絡がとれないなどのトラブルが起こる可能性もあるので、必ず事前に確認しましょう。

ドライバーの評価を確認する

ウーバーのアプリで配車の予約をする際に、ドライバーの評価も確認することが出来ます。この評価とは実際に利用したユーザーが1~5 の星の数でドライバーを評価したものです。

初めて乗るので不安がある方は、最低でも星4つのドライバーさんを選ぶといいでしょう。評価数が多いドライバーはそれだけ経験があるということになるので、スムーズに利用しやすいと思います。

Uber(ウーバー)利用の特典

プロモーションコード

初めてウーバーを使う方は、プロモーション・コードに「qir8s8」を入れると最初の3回乗車まで毎回2ドルオフになります。

この時、アプリの会員登録は日本で行わず必ずハワイ到着後、現地で行うようにして下さい。日本で登録してしまうとハワイで使えるクーポンが発行されず、日本で利用できるクーポンが発行されてしまいます。

また、ハワイではレンタルWi-Fi通信中やホテルに滞在中などネット環境が整っている場所で行うようにしましょう。支払い登録のためのクレジットカード情報も必要になりますので事前に準備しておいてください。

Uber Eatsでも利用可能

こちらのプロモーションコードはUber Eats(ウーバーイーツ)にも使用することが出来ます。

Uber EatsとはUberに登録しているドライバーがレストランに頼んだ食べ物をデリバリーしてくれるサービスです。

Uber Eatsはホテルなど基本的にどこにでも届けてくれるので、外出できない時やちょっとお腹が空いたときにも便利です!ぜひ利用してみて下さい。

Uber(ウーバー)の使い方を動画でご紹介

まとめ

いかがでしたでしょうか?日本ではまだまだ浸透していないウーバーですが、ハワイの観光地であればたくさんのウーバーが走っており、格安で観光地をまわることが出来ちゃいます!最初は難しいかな?と感じますが、一度使ってみたらその便利さにハマってしまうはず。お得にハワイ旅を楽しむためにもUber(ウーバー)はマストで覚えておきましょうね!
▶アメリカ留学中、絶対使えるUber(ウーバー)