ハワイ旅行のお土産は、家族用から会社・学校用まで色んな種類を購入するのが楽しみですよね。

最近は、オンラインで何でも買える時代だからこそハワイらしいアイテムを贈ると喜ばれます。

今回は、人気のお菓子からコスメ、雑貨、限定品を購入できるスポットまで幅広くご紹介しましょう。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

オススメ!ハワイ土産ランキング

ハワイ土産の定番、チョコレートやマカデミアナッツ、コーヒーは同じブランドでも様々な味が出ているので要チェック!

ハワイで人気のチョコレートブランド

チョコレートをまとめ買いするならば、ワイキキから出て「ウォールマート(Walmart)」「ターゲット(Target)」が安くてオススメ。

こだわり女子やお世話になった方への贈答用はワイキキの「Tギャラリア」の品揃えが良いです。

ハワイアン・ホースト(Hawaiian Host)

「ハワイアン・ホースト」は定番の「ミルクチョコレート」の他、サクッと美味しい「マッククランチ」や「マウイキャラメル」がおすすめです。

ABCストアには小さく小分けされたセットがあるのでバラマキ土産に便利ですね。

マウナロア(Mauna Loa)

マカデミアナッツの有名ブランド「マウナロア」は種類が豊富に揃います。

「ダークチョコレートシーソルトキャラメル」と「トリュフ」はハワイ通にも喜ばれますよ。

ハワイアン・サン(Hawaiian Sun)

ハワイブランド「ハワイアン・サン」のマカデミアナッツは口どけ柔らかなプレミアムナッツ使用。

パンケーキミックスも有名なので、セットにしてお土産に渡すのも良いでしょう。

マノア・チョコレート・ハワイ(Manoa Chocolate Hawaii)

チョコ好きの方にはハワイ産の高級チョコを選んでみてはいかがでしょうか。

「マノア・チョコレート・ハワイ」はオアフ島東部のカイルアにある工場で丁寧に作られています。

厳選したカカオ豆を使用したチョコは一口食べると香りが広がり幸せな気分に。

バーは1枚10ドル前後と高めですが、チョコ好きには喜ばれるお土産になりますよ。

マカデミアナッツの定番ブランド

甘いものが苦手な男性にはマカデミアナッツを選べば、おやつにビールのおつまみにもなりますね。

大量まとめ買いならば、ワイキキの「ロングスドラッグス」には種類が豊富にあります。

マウナロア(Mauna Loa)

間違いない定番ブランド「マウナロア」は様々なフレーバーのマカデミアナッツが揃っています。

一番人気は「マウイオニオン・ガーリック」、定番は「ドライロースト」、変わり種なら「マンゴー」をチョイスしてみて。

メネフネマック(Menehune Mac Candies)

「メネフネマック」は1939年創業のハワイ老舗お菓子ブランド。

メネフネはチョコレートもナッツもハワイ産にこだわり、100%ハワイ島・コナ産です。

キャラクターにもなっているメネフネとはハワイの逸話に出てくるパワフルな小人のこと。
  
ワイキキから1時間の工場では、お菓子作り体験と工場見学ツアーもあります。

ノースショア・マカデミアナッツ・カンパニー(North Shore Macadamia Nut Company)

ハワイマニアの方には、オアフ島北部のノースショアで少量生産されているマカデミアナッツがオススメです。

ABCストアやスーパーには販売されておらず、ファーム敷地内に8種類のナッツを置いています。

美味しさで選ぶならば「ここのが一番!」とロコ達は口を揃えます。

試食もあるので定番のローストやガーリックほか、ココナッツやシナモンもお試しあれ。

ハワイで美味しいクッキーはコレ

ハワイのクッキーはパッケージも南国仕様でバケーション気分を一気に盛り上げてくれます。

老舗クッキーブランドは毎年シーズン限定のクッキーを出すので缶をコレクターする人もいる程!

ホノルル・クッキー・カンパニー(Honolulu Cookie Company)

ハワイのクッキーといえば「ホノルル・クッキー・カンパニー」。

ワイキキの街中やホテル、ショッピングモールに10店舗以上展開している人気ブランドです。

家族用の種類豊富なアソートからバラマキの小分けサイズまで、幅広いバリエーションが選びやすい。

パイナップルの形のクッキーは、1枚80セントから購入できるのでホテルでのお茶タイムにも。

ビッグアイランド・キャンディーズ(Big Island Candies)

「ビッグアイランド・キャンディーズ」はハワイ島発のざっくりしたクッキーです。

オアフ島ではアラモアナセンターとTギャラリアにあり、パッケージが豪華なので贈答用にも最適。

バターたっぷりの四角い「ショートブレッド」が有名ですが、自宅用には丸い一口サイズのマカデミアナッツがおすすめ。

ビッグアイランド・デライツ(Big Island Delights)

ハワイ島で1996年に誕生した「ビッグアイランド・デライツ」はスノーボールという丸いクッキーが一躍有名になりました。

店舗はアラモアナの先にあるワードヴィレッジしかありませんが、一部のABCストアにも置いてあります。

パンケーキミックスの豊富なフレーバー

パンケーキミックスは、ハワイのレストランやホテル、お菓子メーカーから様々な種類が販売されています。

フレーバーも価格も幅広く、ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。

エッグスンシングス(Eggs N Things)

日本でも人気の「エッグスンシングス」はワイキキに2店舗、アラモアナに1店舗ありアクセス抜群。

店内にはお土産用のグッズやパンケーキミックスも販売されており、自宅で味を再現できますよ。

ハマクア・マカデミアナッツ・カンパニー(Hamakua Macadamia Nut Co Inc)

「ハマクア・マカデミアナッツ・カンパニー」はハワイを感じるカラフルなパッケージが可愛い。

定番の「マカデミアナッツ」、「ライトソルト」がありシロップも付いてきます。

スーパーやABCストアで1袋5ドルくらいとリーズナブル。

ハワイアン・サン(Hawaiian Sun Pancake Mix)

「ハワイアン・サン」のパンケーキミックスは甘いフレーバーが豊富に揃い、お子様におすすめ。

種類はストロベリー、チョコ、パイナップル、ブルーベリー、リリコイなど、デザート系です。

ハワイのコーヒー価格帯は幅広い

ハワイのコーヒーは種類と価格の幅が広いので、お土産を送る相手と予算に合わせて選びましょう。

ホノルル・コーヒー・カンパニー(Honolulu Coffee)

ハワイの美味しいコナコーヒーを味わうならば「ホノルル・コーヒー・カンパニー」をチェック。

100%厳選したコナコーヒーは深みがあり、最高品質を誇るコーヒーショップです。

ワイキキやアラモアナに店舗があり、お土産用は15ドルから60ドルくらいの価格帯です。

アイランドヴィンテージコーヒー(Island Vintage Coffee)

「アイランドヴィンテージコーヒー」はアサイボウルやシェーブアイスも有名なハワイのカフェ。

1996年から100%コナのフレッシュローストを使用したコーヒーを提供しています。

グリーンワールド・コーヒーファーム(Green World Coffee Farm)

「グリーンワールド・コーヒーファーム」はコーヒー通もうなる美味しさ。

ノースショア入口のワヒアワにあり、ワイキキからは1時間以上かりますが、一見の価値あり。

ファームの近くにカフェとお店が併設して、ケーキやベーグル、アサイボウルもあります。

オススメ!ハワイ産フード

誰が食べても美味しいと喜ばれるハワイ産のお土産をご紹介しましょう。

マウイスタイル・ポテトチップス(Maui Style Original Potato Chips)


 
一口食べるとバリッと音がする程堅いポテチ「マウイスタイル・ポテトチップス」はヤミツキになる人続出中。

ハワイのリゾート溢れるカラフルなパッケージも楽しいですね。

レアハワイアンのホワイトはちみつ(Rare Hawaiian Honey Co.)

世界一のはちみつと謳っているホワイトはちみつは1瓶25ドルの高級商品です。

ワイメアの工場で丁寧に作られたオーガニックはちみつはアメリカの健康雑誌やメディアにも登場しました。

ミナトハワイ・ガーリックシュリンプソース(Minato’s Hawaii)

「ミナトハワイ・ガーリックシュリンプソース」は自宅で簡単にガーリックシュリンプが作れる便利なソース。

エビを買ってフライパンを用意して、マリネして焼くだけでアッという間に本場の一品が出来上がり!

バラマキOK!トロピカルな香りのボディケア

 
オシャレ女子のハワイ土産は日本では手に入らないボディケアグッズを選んでみては?

バス・アンド・ボディーワークス(Bath & Body Works)

アラモアナセンター2階にある「バス・アンド・ボディーワークス」は何百種類のボディケア商品が勢揃い。

ボディクリーム1本5ドル前後から、ポーチに入る小さなサイズもあり、お土産探しに要チェック。

ヴィクトリアシークレット(Victoria’s Secret)

「ヴィクトリアシークレット」は下着よりもボディケア商品やコスメ、香水、小物類がおすすめ。

まとめ買いすると安くなるので、自分用とお土産を一気にゲットしよう。

ハワイ発のコスメブランド

ハワイブランドのコスメはプルメリアやピカケなどハワイのお花の香りが癒し効果抜群!

マリエオーガニクス(Malie Organics)

カウアイ島で摘み取られたハワイのお花をコスメにふんだんに使用したマリエオーガニクス。

プルメリアのボディローションやディフューザーは部屋を一気にハワイに変えてくれます。

アイランド・ボディ・ワークス(Island BodyWorks)

パイナップルの形のソープやバスソルトは5ドル前後でカワイイ商品が豊富に揃います。

店内で丁寧に手作りされたオーガニック商品なので敏感肌の方も安心です。

ビーチを感じるハワイアン雑貨のお店

ビーチテイストのハワイアン雑貨は部屋に置いて置くだけで幸せな気分にしてくれますね。

サンドピープル(Sand People)

ハワイアンジュエリー・アクセサリー、ピローケース、エコバッグ、コースターなど、日用雑貨やインテリア雑貨などセンスの良いセレクト。

新婚カップルさんには、フォトフレームやシェルの置物など参列者のギフトに人気です。

ソーハリビング (SoHa Living)

キッチンアイテムからインテリア雑貨まで、ハワイ好きは店内全部欲しくなる可愛さ!

ワイキキはビーチウォーク、ヒルトンハワイアンヴィレッジにあります。

ハワイでお土産を買うときの注意点

ハワイで食べ物のお土産をまとめて購入するならばワイキキを出てスーパーへ出かけましょう。

ワイキキは観光地で相場が高いので、同じチョコやナッツも離れたスーパーの方がお得なのです。

雑貨やコスメ、アクセサリー系はワイキキアラモアナが一番品揃えが良いですよ。

まとめ

お土産リストはハワイ出発前から用意しておくと、現地でも慌てずにお買い物できますね。

ぜひ、素敵なハワイ旅行をお楽しみください!Mahalo!

▶ハワイのショッピングモール厳選5選!アウトレットと人気お土産店はココ

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pediaでは「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供した留学のご相談を受け付けております。家族や友だちと一緒でもOK! まずは↓からご予約下さい、お待ちしております!

» 無料でプロに相談する