常夏のハワイへ留学したいけど、語学学校の場合はどれくらいの費用がかかるのか、気になっていませんか?

数週間から3ヶ月までの語学留学の場合、学生ビザも必要ないため、「できれば長くハワイ生活したい!」という方は多いでしょう。

そこで今回は、ハワイの語学学校にかかる費用相場とおすすめの学校5選をご紹介しましょう。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

ハワイ留学はいくらからできるの?

ハワイの語学学校にかかる留学費用は、どの学校を選び、留学期間、滞在方法、生活費などによって大きく変わってきます。

ここからは、平均的な語学学校の留学費用について見ていきましょう。

ハワイ留学にかかる費用相場は、滞在費や生活費も含めて、以下の通りになります。

【期間別】ハワイ留学の費用

留学期間 費相場
約1週間 180,000円〜
約1ヶ月 250,000円〜
約3ヶ月 1,500,000円〜
約半年 2,000,000円〜
約1年間 40,00,000円〜

留学費用には、学費の他にも、滞在費、生活費、渡航費などがかかます。

どんな滞在方法を選ぶかによって、ハワイ留学に必要なトータル費用は変わってきます。

例えば、ホームステイの場合はリーズナブルな料金となり、上記の相場となるので人気があります。

ただし、シェアハウスを選ぶ場合は、1ヶ月約10万円、コンドミニアムをレンタルする場合は、約15万円が相場となり、トータル費用が高くなります。

ハワイは日本よりも食費や日用品の物価が高く、特にワイキキエリアの場合、スーパーマーケットで自炊生活をしても、生活費は月10万円はかかります。

学校が休みの日にツアーに参加したり、レストランやお買い物へ出かけると、さらにコストがかかるので余裕をもって見積もりましょう。

まずは予算に合わせて留学期間を決めて、予算内で通える語学学校を選ぶと良いでしょう。

ハワイのおすすめ語学学校5選

ここからは、ハワイで人気のある語学学校5選をご紹介しましょう。

どれもワイキキ・アラモアナエリアの通いやすい立地条件にあるので通やすさは抜群です。

Global Village

「Global Village English Centres, Hawaii(グローバル ビレッジ イングリッシュ センターズ ハワイ校)」はハワイ最大級の語学学校です。

青い海を眺めるアラモアナエリアにあり、周辺にはアラモアナショッピングセンターやレストラン・グルメスポットが多く立ち並びます。

グローバルビレッジグループは、質の高い授業内容と豊富なカリキュラムに定評があります。

英語コースは8段階レベルに分けられ、ビジネス、TOEFL、TOEIC、ケンブリッジなど試験対策も充実しているので、目的にあったコースを選択可能です。

1クラスの平均10名まで、初級者コースは午後、上級者向けコースは午前に分かれています。

日本人スタッフも常駐しており、学生は日本人が多いですが、ヨーロッパからの学生も集まっています。

アクティビティは、ハワイらしいサーフィン、フラダンス、ウクレレ、ヨガのレッスンも受けられるので積極的に参加しましょう。

IIE

「Institute of Intensive English(IIEハワイ)」はワイキキビーチから徒歩3分の抜群の立地に位置します。

春・夏・冬には、子供向けの短期プログラムが用意されており、1週間から1ヶ月の語学留学が人気。

一般英語コースは、話す・聞く・読む・書くを鍛えて、総合的な英語力を高めていきます。
 
その他、アメリカ留学をする準備としてTOEFL、TOEIC、Cambridge対策コース、ビジネスイングリッシュコースも人気があります。

アクティビティでは、フラ、ヨガ、サーフィン、レイメイキング、ハワイアンキルト、ウクレレなどのハワイの文化を学べるクラスが充実。

ワイキキビーチを一望出来る絶景のロケーションで楽しく英語力を身につけることができます。

ICC

「Intercultural Communications College /ICC Hawaii
(インターカルチュラル コミュニケーションズ カレッジ/ICC ハワイ)」は授業の質の高さに定評のある語学学校です。

アラモアナショッピングセンターすぐ近くのアラモアナパシフィックセンターにあり、アクセスも抜群のロケーション。

政府の公的機関であるCEAの認可を取得しており、豊富なプログラムを開講しています。

日常生活を身につけたい方にはコミュニケーションコース、ビジネス英会話にはEnglish for Businessがおすすめ。

他にも英語教師養成プログラム、ケンブリッジ英検対策コースがあり、長期留学の下準備にも最適なスクールです。

英語レベルは6段階に分かれており、1クラス8名までの少人数制なので、短期でもしっかり英語力を伸ばせると好評です。

ハワイの大自然を体感できるアクティビティはサーフィン、ハイキング、ボートツアーなどが揃います。

CPC

「Central Pacific College (セントラルパシフィックカレッジ/CPC)」は、通学に便利なアラモアナエリアのオフィスビルにある語学学校です。

CPCは、英語の指導経験が豊富な講師による質の高い授業に定評がある語学留学の専門機関です。

英語を基礎から学びたい初級者から上級者まで、話す・聞く・読む・書くの総合的なスキルを身につけることができます。

夏と冬の時期には子供向けのコース「Club Keiki」が開講されるので、はじめての親子留学にもおすすめ。

CPCはKapiolani Community College (KCC)との連携がスタートし、TOEIC、TOEFLのスコアがなくても、独自の英語のテストの結果のみで、KCCへの入学が可能となりました。

ハワイで語学学校に通った後にKCCコミュニティーカレッジへ入学をご希望されている方には、最適な環境が整っています。

ハワイで大学進学も視野に入れた語学学校へ通いたい方は、CPCをおすすめします。

ELS

「ELS Language Centers Honolulu(ELSホノルル校)」はHawai’i Pacific University(HPU)のダウンタウンキャンパス内にある語学学校です。

ELSはアメリカを中心に、世界中の大学のキャンパスや都市の中心地に語学学校を置く教育機関です。

ハワイパシフィック大学は、海洋科学が有名な私立総合大学です。

ELSハワイ・ホノルル校は、ダウンタウンキャンパスで開講しており、大学の学生と一緒に施設を使うことができます。

穏やかな気候の中で英語力を身に着けながら現地の大学生と交流できるのがメリットです。

ELSハワイ・ホノルル校は、ハワイ文化の理解を目的としたインドア、アウトドアの様々なアクティビティを用意しています。

まとめ

ハワイはダイヤモンドヘッドやワイキキビーチなど大自然に恵まれた壮観な観光名所です。

ワイキキ・アラモアナエリアには、語学学校が密集しており、目的に合わせたスクールを見つけることができます。

世界でも有数な安全な観光地ですから、はじめての留学、親子留学にも選ばれています。

ぜひ、計画的に期間や予算を決めて、最適な学校・コース選びをして留学を成功させてくださいね。
▶勘違いしてない?日本人が多いハワイ留学がおすすめな理由

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pediaでは「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供した留学のご相談を受け付けております。家族や友だちと一緒でもOK! まずは↓からご予約下さい、お待ちしております!

» 無料でプロに相談する