人気の観光地ハワイでの旅行。見どころがたくさんある現地で、効率よく周っていくにはレンタカーがおすすめです!ハワイはコンパクトなので、車1つあれば様々な観光地を巡ることができ、旅行のクオリティもグッと上がるはず。今回はそんなハワイのレンタカー事情について解説していきます。レンタカーを予約する方法から費用まで、詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみて下さい。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

ハワイのレンタカー事情について

日本でも人気の高い観光地であるハワイですが、豊かな自然が楽しめる一方で電車などの交通機関が発達していません。そのため、ハワイ観光にレンタカーは必須!

ツアーではなくフリープランなら特に自由に移動できるレンタカーは利用したいところ。日本より運転しやすいこともあり、多くの方がレンタカーを予約しています。そのため、日本語の通じるレンタカー会社も多くあり、旅行初心者の方でも気軽に利用できるでしょう。

レンタカーがあればコンパクトなハワイをあちこち巡ることが出来ますよ。

レンタカーを運転する際の免許証は?

海外で車を運転するのだから、国際免許証が必要…と思いますが、実はハワイは日本の免許証でもレンタカーを利用することが出来るんです。

ハワイ州では、アメリカ入国後1年以内は有効な日本の運転免許証で運転することが認められているため、国際免許はなくてもレンタカーを利用することが出来ます。レンタカーを利用する際は、必ず入国後1年以内であることを証明するパスポートを持っていくようにしましょう。

しかし、国際免許が不必要だと言ってもハワイの現地でレンタカ―での事故など、トラブルを起こしてしまった場合は国際免許が必要になります。なぜなら現地の警察は日本の免許証が読めないため、日本の免許証は証明にならないからです。もし、運転に不安な方は国際免許を用意していくようにして下さい。

以下で国際免許の取得方法と必要書類を説明しています。

国際免許

国際免許は住民票がある各都道府県の公安委員会・運転免許試験場に、必要書類を提出することにより取得できます。申請後は早くて1時間ほど、窓口によっては1週間ほどで国際運転免許証が交付されます。その際、試験や講習は必要ありません。

必要書類

  • 国外運転免許証交付申請書(申請窓口で記入)
  • 日本の運転免許証(有効期間内のもの)
  • 海外への渡航を証明する書類(パスポートなど)
  • 証明写真1枚(縦5cm×横4cmで過去6か月以内に撮影したもの)
  • 手数料

ハワイのレンタカー費用について

ハワイでのレンタカーの料金相場についてですが、保険料なども込みの相場をご紹介していきます。

まず、レンタカーの中でよく借りられるサイズの小型車から中型車ぐらいだと10,000円~12,000円が相場です。一般的な家族や少人数であれば、これぐらいの車で問題なく行動できると思います。

しかし、せっかくハワイに来たんだから普段は乗らない車を借りてみたい!という方も多いでしょう。そのような方にはジープやオープンカーがおすすめ。

費用の相場は14,000円~16,000円ほどで借りることが出来ます。ハワイの風を浴びながらオープンカーで走ると気持ちよさそうですね!

※レンタカー会社や渡航時期、保険などのオプションによって金額は変動します

ハワイでレンタカーをするメリット

自由に旅のプランが組める


レンタカーを利用すれば、ある程度遠い場所でもツアー会社に頼むことなく自分たちで行くことが出来るようになります。時間の制限やルールが無いため自由に旅のプランが組めることは大きなメリットではないでしょうか?

島を巡ったり、ビーチを巡ったり行った先でたまたまで見つけた素敵なマーケットにも時間を気にせず立ち寄れるのもレンタカーならでは。荷物も気にしなくていいのでお買い物も楽しめます。

運転初心者でも安心

ハワイでレンタカーを借りたいけれど、海外で運転経験がないから不安…という方。安心して下さい!ハワイは日本で運転するより、ずっと簡単に安全に運転できるんです。

なぜなら、ハワイの道路は日本よりもずっと広く十分なスペースがあります。車の量もそれほど多くなく、なんといっても現地の人は安全運転で運転しています。

交通ルールについても日本と大きな違いはないため、思っているよりもずっと簡単に運転できるでしょう。

家族連れなら負担が軽減

小さいお子様がいたり家族連れだと、どうしてもツアーなど大人数での移動は不安がつきものです。お子様が疲れてもすぐに休ませてあげられなかったり、急な体調不良でも帰ることが難しいのがツアーのデメリット。

しかし、レンタカーなら休憩を取りたい時に自分たちのタイミングで休むことが可能です。自分たちの自由に車が使えるので、お子様の様子に合わせて帰る時間を調節できるのも大きな強み。

家族連れだとどうしても荷物が増えてしまいますが、レンタカーならトランクに置きっぱなしでいいのもありがたいですね。

気兼ねなくショッピングが楽しめる

ハワイといったら観光だけではなく、ショッピングも楽しみの一つ。歩きかツアーだと荷物の心配があります。レンタカーはそんな心配無用!

買ったモノは車のトランクや車内に置いておけますし、たくさん買っても快適に宿まで持って帰れます。レンタカーがあれば荷物の心配がいらないので、人気のショッピングモールや買い物スポットを巡ることも可能です。

ハワイでどうやってレンタカーを予約するの?

では、実際にハワイでレンタカーを借りる手順をご紹介していきます。難しいことはないので安心して下さい。

レンタカーの営業所に向かい手続きを行う

まず、日本でレンタカーをあらかじめ予約している際はそれぞれ指定された営業所に向かいます。

空港での手続きの場合は各レンタカー会社のカウンターが並んでいるので、予約された会社のカウンターで手続きを行いましょう。

料金をすでにクレジットカードなどで支払っている場合は、契約の確認と署名を行います。車種や保険の内容が予約時と違いがないか、トラブルを避けるためにも契約書によく目を通すようにしましょう。

レンタカーの場合は、返却時にガソリンを入れて返すのかなども質問しましょう。契約内容に問題なければ署名をします。

乗車

署名が終わったら、車のナンバーを聞き、キーを受け取ります。レンタカーが置いてある駐車場からレンタルした車を見つけ、車に問題がないか確認します。

おすすめなのが、出発前に車のボディに傷がないか確認してください。ある場合は携帯のカメラで写真を撮っておりたり、スタッフに一度伝えておくと後でトラブルになるのを防ぐことが出来ます。

問題がなければ車の操作を確認して、いざ出発です!

ハワイのレンタカー利用の注意点


海外でのレンタカー利用は不安もありますが、少しの注意点を理解しておくだけで安全に利用することが出来るでしょう。

まず免許証(国際免許証があればそれも)は必ず携帯して下さい。しかしトラブルにあった場合は日本の免許証は役に立ちません。出来れば国際免許を取ることをおすすめします。

ハワイは日本と違い右側走行になります。運転し始めは違和感に感じますが、すぐになれるでしょう。ハワイでの交通ルールは最低限頭に入れておきましょう。

また、レンタカー返却時にはガソリンスタンドで給油をしないといけないことがほとんどです。現地のガソリンスタンドはクレジットカードが使えないこともありますので、現金を用意しておきましょう。使い方も日本とは異なることがあることを理解しておきましょう。

ハワイのおすすめレンタカーサイト(会社)について

ニッポンレンタカー(日本語対応)

日本でも馴染み深いニッポンレンタカー。ハワイにも支社があり多くの日本人観光客が利用しています。

人気の観光地であるワイキキ内にいくつも営業所を持っているのも利便性が高く、ホノルル空港にも営業所があります。

料金はやや割高ですが、スタッフはすべて日本人で契約から受け渡し、トラブル対応まですべてが日本語で出来るので安心感バツグンのレンタカー会社です。ハワイ旅行初心者におすすめ!

ワンズレンタカー・ハワイ(日本語対応)

ハワイのレンタカー会社での大手のワンズレンタカー・ハワイ。格安の値段で日産のノートや、トヨタのヴィッツ、プリウスが借りられると人気のレンタカー会社です。

日本人スタッフが常駐なので、万が一、トラブルに巻き込まれても日本語対応が可能なので、ハワイ旅行初心者から何度も行っている方どちらからも人気があります。

アラモレンタカー(日本語対応)

日本人を対象にした補償やサポートが充実しているハワイのレンタカー会社アラモレンタカー

低価格でレンタルが可能ながらも、日本語のサポートがあるため、初めて海外でレンタカーを利用する場合やトラブルが発生してしまったときにも安心して対処できるレンタカー会社です。

アラモレンタカーには「アラモセレクト」というサービスがあり、駐車場に並んだ車からその場で選ぶことができます。車は現地で見て決めたい!という方におすすめです。

ホノルルオートレンタル(日本語対応)

日本人が経営しているレンタカー会社のホノルルオートレンタル

予約から契約、受け渡しにトラブル対応まで全て日本語でのフルサポートを受けることができます。

料金体系もレンタカーTAXやハワイ州税などが含まれた金額を提示しており、安心感があるのも嬉しいところ。多くのレンタカー会社で有料オプションとなっているチャイルドシートが2台まで無料なため、家族連れにもおすすめです!

バジェットレンタカー

日本語対応ではありませんが、ハワイ旅行上級者に人気のレンタカー会社のバジェットレンタカー。低価格で、手軽に利用できることが人気の秘密です。

1日だけのレンタルでも、他の営業所と比べても夜遅くまで運営していたり、契約や手続きが簡単なので気軽に借りられることが魅力です。

レンタカー会社の選び方ポイント

料金

レンタカーを借りる上で重要なのが「料金設定」です。すぐに1つの会社に決めてしまうのではなく、いくつか気になるレンタカー会社を比較してみましょう。

借りる日数が長ければ、割引をしてくれるレンタカー会社もありますので割引サービスも確認したいところ。また、料金には保険やチャイルド―シートなどのオプションが含まれているかもチェックしましょう。

追加でアレコレ払っていたら意外と高くついてしまった…ということにならないようにもリサ―チは重要です。

保険やトラブル時のサポート体制

事故などのトラブル際に必ず用意しておきたいのが保険です。保険はレンタカー会社によってサービス内容が異なります。万が一の事態に備えて保険の内容は必ず確認し、補償内容が満足いくものを選ぶようにしましょう。

また、レンタカー会社のサポート体制も重要なポイントです。事故やトラブルが合った際は現地の警官と英語で対応しなくてはいけません。英語に自身がない方は、英語のみ対応のレンタカー会社は避けるようにしましょう。

営業所の立地

レンタカーは車の受け渡しを行う営業所の場所も重要になってきます。

空港で受け渡しの場合は問題ありませんが、それ以外の場合なら滞在しているホテルの近くなど、便利な場所を選ぶとストレスなく受け渡しが行えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか!見所がたくさんあるハワイを効率よく巡るにはレンタカーは必須のアイテム!ワンランク上の旅行にするためにも現地でレンタカーを借りてみてはいかがでしょうか?島巡りやショッピングモール巡りとあなたに合った旅行プランがたてられるはずです。
▶【2019年最新版】ハワイ・オアフ島観光プランを記事で解説します

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pediaでは「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供した留学のご相談を受け付けております。家族や友だちと一緒でもOK! まずは↓からご予約下さい、お待ちしております!

» 無料でプロに相談する