「ハワイ」は年末年始・冬休みに過ごしたい海外ランキングで毎年上位に入る人気の観光地です。

暖かい気候とゆったりした時間の流れを感じながら、冬でも海やアクティビティを楽しめるのが人気のポイント。

ハワイの年末年始はカウント花火や初日の出、初売りセールなど、イベントが盛りだくさんです。

年末年始にハワイを訪れる前に、人気のイベントや気候、費用相場などをチェックしておきましょう。

そこで今回は、ハワイでの年末年始の過ごし方やイベント情報をご紹介します。

ご友人同士で、ご家族揃って、ぜひ華やかな冬のイベントをハワイで楽しみましょう。

「留学には興味があるけど…こんな状況だし…」
いま決める必要はありません。
でも、いま準備すると4つもメリットがあるんです!

海外で生活するってどんな感じ…?
「留学準備」3つのコツと進め方
留学のプロに相談!

色んなサービスやコンテンツがたくさん!

ハワイの年末年始の費用相場は?

「年末年始にハワイへ行くのは高そう…」と躊躇する方も多いかもしれません。

実際、年間を通してハワイ行きの航空券やホテルの相場が最も高くなるのは、年末年始です。

ハワイ行きの航空券やホテルの料金は、クリスマスから年明けの3日までがピークを迎えます。

大人一人あたりのハワイ行きの相場は25万円から38万円です。

繁忙期以外にハワイ行きは、大人一人あたり10万円以下でも行けるため、年末年始は2倍になります。

それにオプショナルツアーや食事代、買い物代などをプラスすると50万円からとかなり高額です。

年末年始に少しでも安くハワイに行く方法

ここからは、一年で最も相場が高い年末年始に少しでも安くハワイへ行く方法を見ていきましょう。

少しでも年末年始の費用を抑えるならば、早めに予約を取ることが重要です。

年末年始に近づけば近づくほど、ハワイ行き航空券とホテルの料金はぐんぐん上がっていきます。

大手旅行会社のJTBやHISでは、年末年始のハワイ行きパッケージツアーの販売を6月から開始します。

夏休みの8月くらいまでに年末年始の航空券とホテルを抑えておけば、安く抑えることができますよ。

多くの航空会社は、金曜日・土曜日出発の便は高くなるため、平日出発を選ぶと良いでしょう。

年明けに出発すると安くなる

毎年、年末年始のハワイ行き航空券・ホテル・パッケージツアーは12月末が高騰します。

年末年始のハワイ行きパッケージツアーが最も高くなるのは、12月の最終土曜日出発の便です。

年末年始はカウントダウンイベントや初日の出などの人気のイベントが多いため、高く設定されています。

しかし、年が明けて3日を過ぎると年末年始の約30%〜40%も安くなるのがポイント!

年越しのカウントダウン花火や初日の出には参加できませんが、費用はぐんと抑えることができます。

イベントにこだわりがなく、海やアクティビティがメインにする方は、1月3日以降に出発するとお得ですよ。

航空券の相場

ハワイ旅行は、航空券とホテル、トロリーなどの移動手段がセットになったパッケージツアーが人気です。

しかし、年末年始は料金が最も高くなるので、少しでも安く抑えるには、自分で航空券とホテルを手配する方法がおすすめです。

ハワイ行き航空券は以下の航空会社から選ぶことができます。

  • 日本航空
  • 全日空
  • ハワイアン航空
  • デルタ航空
  • ユナイテッド航空
  • 大韓航空

航空券はクリスマスから年明けの3日まではピークを迎えて高額となります。

2019年12月現在、航空券の比較サイト「スカイスキャナー」で確認した相場は以下の通りです。

年末年始の東京 (NRT) – ホノルル (HNL)相場

大人エコノミー 20万円から89万円
大人ビジネス 62万円〜113万円
大人ファースト 149万円〜

3日以降になると各航空会社から格安航空券が販売されて安くなるパターンです。

航空券の料金は常に変動しますので、格安航空券が出たタイミングで抑えておきましょう。

ホテル・コンドミニアムなど滞在先の相場

ハワイのホテルは、年末年始にカウントダウンイベントやクリスマスディナーが開催されます。

華やかで特別感のある年末年始は360度が写真撮影スポットになり、楽しみも倍増するでしょう。

年末年始にパッケージツアーでハワイに行く方はホテルを選ぶだけですから、手間はかかりません。

個人旅行の場合は、早めに人気のホテルを抑えておきましょう。

年末年始のイベントはワイキキに集中しているのでホテル・コンドミニアムはワイキキ中心がおすすめです。

2019年12月、エクスペディアで確認したホテル相場は以下の通りです。

年末年始のホテル相場

シェラトン ワイキキ オーシャンフロント、ダブルベッドルーム 50,081円〜
ロイヤルハワイアンホテル ビジネスラウンジアクセス、キングベッド 71,359円〜
トランプ インターナショナル ホテル ワイキキ オーシャンビュー、デラックススイート 108,559円〜
ハレクラニ オーシャンフロント 92,595円
アウトリガーワイキキ オーシャンビュー、キングベッド 87,396円

▶【2019年版】ハワイのコンドミニアム厳選7選!快適に過ごすためのコツ

ツアーパッケージの相場

旅行会社のパッケージツアーは航空券とホテル、ツアーなどが一緒になっているので便利です。

自分で航空券やホテルの予約を手配する必要がなく、初めてハワイに行く方も安心ですね。

年末年始の成田からホノルル行き5日間のパッケージツアーの相場は37万円からとなります。

旅行会社のスタッフにハワイでやりたいことを伝えれば、プランを組んでくれるのが嬉しいポイント。

ハワイに強い旅行会社はJTB、HIS、JALパック、近畿日本ツーリストが挙げられます。

どれも滞在中に専用トロリーが乗り放題となるので移動にもお金がかからず人気があります。

パッケージセール

年末年始のハワイ行きパッケージツアーが販売され始めのは、6月下旬あたりから7月上旬です。

旅行会社の店頭には、年末年始で過ごすハワイのパッケージツアーのパンフレットが並びます。

7月中旬から予約することができるので、日程が決まっている方は早めに抑えておきましょう。

▶海外航空券+ホテルのパッケージがお得!<エアトリ>

ハワイ年末年始の混雑状況は?

ハワイ年末年始は一年で最も混み合う時期です。

ワイキキのホテルは日本人が多くなり、冬休み中のご家族や女子旅も増えます。

ハワイ年末年始の気候と服装

ハワイ年末年始の日中の気温は28度、夜は23度くらいとなり、過ごしやすいです。

蒸し暑さはなく、風が爽やかで気持ち良く感じるでしょう。

12月から2月くらいまでは雨季に入り、ザーッと雨が降ることもあるので注意してください。

一日中雨が降ることはほとんどありませんが、気温が下がって肌寒く感じることもあります。

服装は日本の夏の服装で問題ありませんが、室内はエアコンが強めに効いているので、羽織物を持参しましょう。

ハワイの年末年始ならではの過ごし方

ここからは、年末年始にハワイで開催される人気のイベントをご紹介しましょう。

花火でカウントダウン

ニューイヤーズ・イブは日本で言う大晦日です。

レストランやバーでもイベントが盛り上がりますが、一番の目玉はカウントダウン花火です。

ワイキキビーチの海からカウントダウン花火が打ち上がる年末の恒例イベントとなっています。

おすすめのスポットはワイキキのビーチフロントやカピオラニ公園、アラモアナビーチパークです。

カピオラニ公園には音楽をかけながら花火を心待ちにしているローカルファミリーで賑わいます。

ラッキーな方はホテルの客室からも見ることができるでしょう。

カウントダウンの花火の打ち上げは、12月31日の23時55分から約10分間連続して打ち上げられます。

カウントダウンショー

「アロハタワー・パーティーオブザイヤー」はホノルル最大級のカウントダウンイベント。

12月30日と31日にカカアコ・ウォーターフロントパークとアロハタワー・マーケットプレイスにて開催されます。

DJや生演奏のライブもあり、ローカルの若者が大集結して大盛り上がりを見せます。

ハワイはアルコールが許可される年齢は21歳となっており、21歳から入場することができます。

ハワイの人気レストランがフードトラックを出店する「イート・ザ・ストリート」は年齢制限はありません。

新年になるタイミングでホノルル港から花火が打ち上がるので、ローカル達とお祝いしましょう。

ワイキキでは、ロイヤルハワイアンセンターの最上階にある「ロック・ア・フラ」でもスペシャルイベントが開催されます。

豪華ディナークルーズ

ハワイの人気オプショナルツアー「ディナークルーズ」も年末年始は一段と豪華なコースになります。

船上からコースディナーを頂きながら、カウントダウン花火を鑑賞できます。

シャンパンを片手に新年を優雅にお祝いすれば、素敵な一年の幕開けになること間違いなし。

花火鑑賞できるディナークルーズは日本人に人気NO1の「スター・オブ・ホノルル号」がおすすめ。

船内には日本人スタッフが常駐して、ワイキキのホテルから送迎付きです。

華やかなショーやギフト付きの「1月1日限定のニューイヤーディナークルーズ」も要チェック。

ハワイでもできる初詣

1月1日初日の出を見たあとに初詣へ行き、おせち料理を食べるという日本のお正月を体験できますよ。

ダイヤモンドヘッドは朝6時に開園となるので、開園と同時に登り始めると、45分後に頂上へ到着。

ちょうど7時10分頃に日の出の時間となるので、初日の出を拝むことができます。

海がオレンジ色に染まる暖かい光は感動すること間違いなしです。

早朝にダイヤモンドヘッドに登り、日本食レストランでおせち料理とお雑煮を味わうツアーも人気。

初日の出のあとは、ダウンタウンにあるハワイ出雲大社へ参拝へ訪れましょう。

ワイキキからトロリーでアクセスしやすく、元日は0時から17時まで参拝できます。

縁結びの神様としても有名な出雲大社はかわいいお守りや御朱印帳も購入できます。

ショッピングセンターで福袋?

ハワイのショッピングセンターでは福袋は「ラッキーバッグ」「Fukubukuro」という名前です。

毎年、元旦には以下のショッピングモールにて福袋が販売されるので要チェック!

  • アラモアナセンター
  • ロイヤル・ハワイアン・センター
  • インターナショナルマーケットプレイス
  • Tギャラリア ハワイ by DFS

アメリカの人気ブランド「kate spade」「TORY BURCH」、ハワイアン雑貨やコスメも福袋が販売されるのでお見逃しなく。

▶ハワイのショッピングモール厳選5選!アウトレットと人気お土産店はココ

まとめ

年末年始のハワイ旅行は、カウントダウン花火や初詣、豪華ディナークルーズなどイベントラッシュ。

どのイベントも大盛況するので、早めに予約をして年末年始の計画を立てましょう。Mahalo!

▶【4泊6日くらい】ハワイ・オアフ島観光プランを記事で解説します

ここまで読んでいただきありがとうございました!
English Pedia公式ラインではあなたにぴったりの情報をお届けしています。
ぜひお友だち登録をして、準備に役立ててくださいね!

友達登録をする