2004年に設立されたハワイはホノルルにある語学学校。ワイキキの中心街で、アラモアナショッピングセンターや ビーチからとても近い場所に学校は位置しています。2010年4月から、ハワイ大学付属カピオラニコミュニティーカレッジと 提携し、3ヶ月の受講後、TOEFLスコア免除でKCCに入学が可能になりました。

今回はそんなCentral Pacific College(CPC)にを突撃取材!

Central Pacific College(CPC)の場所

ロコにも人気のオリジナルパンケーキハウス、牛角等が入ったビルの7階に位置するCPC。目印になるお店があると初めて行く際でも迷うことなく行くことができます。徒歩圏内に日系スーパーが2軒、アラモアナセンター、ウォルマートが揃っています。

大きなビルの中にCentral Pacific College(CPC)があります!

会社のオフィスのような入口です。

Central Pacific College(CPC)を覗いてみよう

中に入るとすぐに受付があり、目の前では授業が行われています。

受付やラウンジはハワイを感じさせる鮮やかなミントグリーンにペイントされています。

ラウンジにはセルフサービス式のドリンクコーナーと電子レンジが装備されています。休憩時間には現地のテレビを見ながら学生たちが会話を楽しんでいました。

Central Pacific College(CPC)の特徴は?

CPCのスタッフである池田愛里(いけだあいり)さん。
Kapi’olani Community College(KCC)の卒業生です。

池田さんに学校の特徴について聞きました。

「CPCは日本人の割合が高いですが、イングリッシュ・オンリー・ポリシーを設けているので、日本人同士でもきちんと英会話ができる環境を整えています。年齢層も比較的高めなので、落ち着いた雰囲気の中で学ぶことができます。また、KCCやUHなどの地元の学校とのつながりが強く、卒業後にそれらの学校へ入学するサポートも手厚く行っています。スタッフの中にも地元学校の卒業者がいるので、より的確なアドバイスを聞くことができます。」

CPCでは現地の学校への編入サポートに加えて、インターンシップの斡旋・紹介も行っているそうです。日本人スタッフが在住しており、日本語でのサポートが受けられるというのは留学生にとって大きな魅力の一つです。

「また、CPCが所有しているコンドミニアムは学校の目の前に位置するので、生徒から人気の物件です。もちろん、ホームステイやプライベートコンドの紹介も行っています。」

どんな生徒が通っているの?

現在CPCの90%は日本人ですが、時期によってその割合は様々です。韓国、台湾、中国、タイ等の生徒も通っています。年齢層は平均30~40歳で、最高で80代の方もいるそうです。

教室はどんな感じ?

授業により集中できるように授業中は教室からの出入りが禁止されています。クラスはレベルごとに6つに分けられており、6か月で1タームとなっています。また、アチーブメントテストと呼ばれる飛び級テストに合格することで、6か月を待たずしても上のクラスに上がることができるそうです。

Central Pacific College(CPC)の生徒の声

CPCに通って半年の日本からの留学生、アユミさん。

9月まで滞在予定だそうです。英語の勉強を通して、いろんな国の方とコミュニケーションをとりたいと話してくれました。この学校について、「学校は清潔で明るく、生徒数が多くない分集中しやすいです。また立地もよく通いやすいのも魅力の一つです。」

彼女はアチーブメントテストを受け、わずか半年の間で一番下のクラスから4つ目のクラスまで上がったそうです。スタッフの方は皆口をそろえて優秀な生徒だと話してくれました。

同じく日本からの留学生のモアナさんはKCCに行く準備期間としてこの学校に通っています。休憩時間にはKCCの卒業生であるCPCのスタッフの方が彼に熱心にアドバイスをしていました。彼もアユミさんと同じく、立地がいいことがこの学校の魅力の一つだと話してくれました。

授業外活動も充実

ヨガやサップ、ビーチサッカーやBBQなどアクティブなものから、みんなでカラオケをしたり、ハワイの名物行事でもあるファーマーズマーケットに行ったりと少人数だからこそ楽しめる授業外アクティビティが揃っています。

もちろん、TOEICやTOEFL対策、UHの生徒と対話等、英語の学習に関するアクティビティも準備されています。CPCではこれらのアクティビティはほとんどが無料で参加でき、有料のものでも10ドル以下のものが大半だそうです。

Central Pacific College(CPC)を動画で紹介

以上、Central Pacific College(CPC)のレポートでした。
CPCは、落ち着いた大人の語学学校だと感じました。普段の授業のほかにも、短期間から参加できるキッズプログラムも用意されているので、親子留学にも人気です。日本人スタッフがしっかりとサポートしてくれるので、初めての留学でも安心です。また、地元学校への入学やインターンシップ等についてのサポートが手厚く、卒業後の次のステップも考えている留学生にぴったりの学校です。少人数だからこそ、生徒同士もスタッフ間もとてもいい関係であり、和気あいあいとした雰囲気が流れていました。季節ごとには学校全体でパーティーも開かれるそうですよ。

▶さらに詳しく学校情報を知りたい方はこちら