最近各地で流行っているレンタルシェアバイクはご存知ですか。

現在ホノルルでも、ネットですぐに詳しい使用方法を調べることができるくらい、利用者も増えています。観光目的だけではなく、ローカルも通勤、通学手段として使っている人が多いです。私もそのうちの一人です。

今回は、実体験をもとに毎日利用しているからこそ知っているBikiのプチ情報を皆さんにシェアします!

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)

Bikiとは

ご存知の方も多いとは思いますが、ホノルルで普及しているレンタルシェアバイクのことです。プランをステーションもしくはアプリ内で購入し決められた時間、回数の中で利用できる便利な交通手段です。必ず毎回Bikiステーションに返却する必要があります。

おすすめプラン

Bikiを1回だけ試してみたいという方:3.5ドルのプラン(1回のみ、30分まで)
Bikiを旅行中の主な交通手段にしたい方:20ドルのプラン(複数回、合計300分まで)
長期滞在し、通勤や通学に使いたい方:15ドルのプラン(1ヶ月乗り放題、1回30分まで)

※制限時間をある程度超えて利用している場合、Bikiのオフィスから電話が入り、追加料金について知らせてくれます(登録している電話番号がハワイで利用できる場合のみ)

Bikiアプリの上手い活用法

無料でダウンロードできるBikiアプリをフル活用してください!

このように位置情報を連動させると、一番近いBikiステーションが一目でわかります。また、複数でBikiを利用する場合、このBikiステーションをタップすることで利用可能な台数、返却できるスタンド数が出てきます。それに応じて、Bikiステーションを選んでください。一番最寄りのステーションで利用できなくても大丈夫!利用者数の多いワイキキ、アラモアナエリアでは徒歩5〜10分間隔でステーションがあります!

また、出発前に忘れがちなのは、目的地付近のBikiの返却スタンドを把握しておくことです。写真のように、アプリで目的地を入力すると最寄りのステーションを教えてくれます。その時に返却可能なスタンド数を同時にチェックしておくことをお勧めします!

ハワイ生活を始められる方のために

このアプリでは、マンスリーパスの購入が可能で1回目の時に自動登録しておけば、毎月更新してくれるので、再登録する必要がありません。登録後、Bikiの専用カードを郵送してくれますが、写真のようにアプリから取り出しに必要な暗証番号を携帯で取得できます。これはすごく便利です!

取り出し方、返し方のコツ

自転車を取り出すとき

ハンドルを持ち、平行かつ手前に引いてください。意外と強い力と勢いが必要です!
タイヤの空気の確認とサドルの高さの調整は取り出す前にしておきましょう!

自転車を返却するとき

ガチャっという機械音がして、スタンドの緑色のランプが点くのを確認してください。奥まできちんとはまっていない場合、登録したクレジットカードから延長料金が自動的に加算されてしまいます。また、その自転車が盗難されてしまった場合、1,200ドルのペナルティーがかかってしまうので要注意です。

目的地別おすすめルート(出発地点:ワイキキ中心部)

今はGoogle mapなどのアプリで簡単に目的地までのルート検索ができます。ただ、そのルートが必ずしも自転車走行に向いているとは言えません。最近はバイクレーンも増えつつありますが、以前のホノルルエリアでは自転車利用者が少なく、自転車で移動するにはあまり良くない環境でした。そこで、ホノルルエリアで人気の目的地別に私のお勧めするワイキキ中心部からのサイクリングルートをお伝えします!

アラモアナショッピングセンター、ワード、カカアコ方面

カラカウア通りとアラワイ通りは一方通行なので、バイクレーンが広々しています。また、観光のトロリーバスは通るものの、市バスはこの間のクヒオ通りを通過するので比較的大型の車を避けて走行できます。

まずはアラワイ通りまで出て、川を右手に進んでください。

この信号を左に曲がり、次の交差点を右に出るとセブンイレブンがあります。

この交差点を渡り、まっすぐ進んで行きます。途中交通量が多くなり、路駐しているトラックもあるので注意です!

すると右手にアラモアナセンターが見えます。アラモアナセンターに立ち寄る場合は、道路を渡った所のステーションに返すのがおすすめです。

ホールフーズやパタゴニアのあるワードエリア、ウォールアートのあるカカアコエリアに行く場合は、Bikiステーションの奥にあるアラモアナパークを通過します!ここは緑豊かでサイクリングルートにとてもおすすめです!

そのまま1番最後の橋までまっすぐ進みます。

道路を渡ればワードエリアです。ホールフーズは写真の緑の屋根の奥です!

ワードを通り過ぎ、そのまま真っ直ぐ進むとカカアコです。

道路を渡りまたひたすら真っ直ぐ進むとカカアコです。

このBike Factoryが目印です。ここを右に曲がるとウォールアートが多くあり、雰囲気ががらっと変わります。

ワイキキの中心部からカカアコまで自転車でだいたい30分ほどです。

モンサラットアベニュー、KCC、ダイヤモンドヘッド方面

カラカウア通りを動物園まで進みます。カラカウア通りはバイクレーンが広いので走行しやすですが、観光バスと歩行者が多いので十分な注意が必要です。

動物園の右側の道を真っ直ぐ進むとSunny Days、Bogarts Cafe、Pioneer Saloonなどの人気のお店が立ち並ぶモンサラットアベニューです。このエリアにはBikiステーションが1箇所しかありません。事前に確認しておきましょう!

動物園付近にもステーションがあり、そこから歩くと15分ほどで着きます。

KCCファーマーズマーケット、ダイヤモンドヘッドにはモンサラット通りを直進すると到着し、ステーションもありますが、坂が急すぎるのでBikiで行くことはあまりお勧めしません。

レナーズベーカリー(マラサダ)

カラカウア通りを動物園まで進みます。

動物園の手前で左折し、カパフル通りをそのまま15分ほど進むとレナーズベーカーが見えます。最寄りに2箇所ステーションがありますが、どちらも道路を渡る必要があります。

※補足情報1:
Bikiの荷物置きは写真のように固定する紐はあるものの、カゴになっていません!スーパーなど荷物が多くなる際は、リュックもしくはチャック付きの買い物カバンを持って行くことをおすすめします!以前飲み物を購入後、Bikiを走行中、水滴で紙袋が破れ購入物が落下したことがありました。(笑)

※補足情報2:
交通量やバイクレーンの整備、坂道などの関係で、可能ではありますが、カカアコよりも西、ダイヤモンドヘッドよりも東にBikiで行くことはあまりお勧めしません。この範囲でも十分でBikiが楽しめます!

※補足情報3:
どんなに広いバイクレーンでも逆走は危険です。

まとめ

Bikiはホノルル市内を移動するのにとても便利な交通手段です。移動メインではなくサイクリング目当てでBikiを利用される方は、朝や夕方など涼しい時間帯がベストです!体を動かすのが好きな方、安い移動手段を探されている方は是非試してみてください!
▶【4泊6日くらい】ハワイ・オアフ島観光プランを記事で解説します

手数料0円の留学エージェント | 最安保証でサポートの限界に挑戦

>>まずは無料カウンセリングへ
(オンラインもOK)