日本人にはあまり馴染みのない国でもあるアイルランド。実は留学先として人気が高い国だということをご存知でしたか?ヨーロッパの中でも穴場の留学地であるアイルランドについて、現地の基本情報や留学先におすすめな理由を解説していきます!ヨーロッパ圏内で留学を考えている方必見です。

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。

アイルランドの基本情報

北西ヨーロッパに位置するアイルランド、またの名を「アイルランド共和国」と言います。北大西洋に浮かぶアイルランド島のほとんどの部分を領土とする立憲共和制国家で首都はダブリン。近代的でありながらも、ロマンチックな都市としてヨーロッパの人たちからも人気の高い国です。

あのギネスビールの発祥の地であることでも知られており、ビール好きな人なら一度は行ってみたい国でしょう。アートやカルチャーの先端でもあるアイルランドは、アイリッシュカルチャーと呼ばれ若者にも人気のエリアになっています。

第一言語はゲール語ですが、一部の地域でしか話されておらずほとんどの国民が英語を話しているため語学留学先としても人気が高いことで有名です。

アイルランドには何州あるの?

アイルランドの行政区画区分は、31の行政区に分かれ、うち26はカウンティ(州)
3つはシティ(市)、2つはシティ・アンド・カウンティ(市および州の連合体)
に分けられています。

留学生に人気な都市

ダブリン

アイルランドの首都ダブリン。全人口の3分の1がダブリンに集中するほど国内最大のビッグシティです。歴史古い建物が美しい街並が残りつつも、政治・経済・交通・文化の中心地であい、世界の中でも重要な金融センターの1つとしてアイルランドを支えています。

観光地としても人気のエリアなので、人気の市街地は多くの観光客や現地の人々で賑わっていますが、中心地から少し離れると豊かな自然が広がり、また違った雰囲気を楽しむことも。

ダブリンには語学学校もたくさんあるので、プライベートも勉強も楽しめるのがダブリン留学の魅力でしょう。

コーク

アイルランド南部の中心に位置する都市コーク。リー川の河口に位置し、美しい景観が魅力のエリアです。一年を通して穏やかな気候のため、現地の人からも住みたい都市として人気があります。

人口の10%を学生が占めているほど、教育に力を入れている都市でもあり質の高い教育が受けられるのもコーク留学の魅力です。ダブリンからも電車で3時間半と便も良く、他のヨーロッパ圏内に旅行に行きやすいです。

また、他の都市に比べるとコンパクトで物価も安いので留学生でも落ち着いて生活できるでしょう。

ゴールウェイ

西アイルランドの中心都市のゴールウェイ。首都ダブリンに次いで観光客が多い街です。アイルランドの歴史が色濃く残る地でもあり、ゲール語を話す貴重なエリアでもあります。

中世の雰囲気を残しつつも、カラフルでかわいらしい街並みは観光地としても人気が高く、毎年多くの観光客が訪れ賑わっています。

ゴールウェイは人口の15%が学生という、アイルランドの中でも特に学生が多い都市です。その背景にはヨーロッパで最も魅力的な大学のひとつである、アイルランド国立大学ゴールウェイ校があるためです。

世界中から留学生が集まり、質の高い教育が受けられるエリアとして人気ですが日本人は少ないため、英語漬けになるにはもってこいの場所です。

アイルランドの人口は?

アイルランドの人口は約478.4万 (2017年)2005年のアイルランドの人口は約413万人でしたので、10年間で60万人ほど増加したことになります。出生率も高く、今後も人口が増えていくでしょう。

アイルランドの気候と天気は?

アイルランドは日本と同じように四季があります。北海道より北に位置していますが、大西洋からの偏西風も伴い一年中安定した穏やかな気候です。

また、アイルランドは季節によって日照時間が変わり、夏の間は夜の23時まで明るいこともあるのが特徴です。

アイルランドは大きく分けて3つのエリアで気候の変化がありますのでそれぞれご紹介していきます。

東部(ダブリン)

アイルランドの首都であるダブリン。一年を通して温暖な気候が特徴です。夏は日本のように30℃まで気温が上がることはほとんどなく、20℃前後の過ごしやすい気候です。また、冬でも氷点下になったり、雪が降ることもないので日本と同じような服装で問題ありません。

南部エリア(コーク)

コーク州を中心とした南部エリアもダブリンと変わらず、一年中穏やか気候です。雨の量が若干ほかの地域より多いことが特徴ですが、夏は20℃前後、冬は雪が降ることもありません。

西部エリア(ゴールウェイ)

ゴール

ウェイ州を中心とした西部エリアもダブリンと変わらず、一年を通して穏やかな気候です。他の地域より、西部エリアの方が乾燥しておらず暖かく感じるのも特徴です。また、降水量は夏よりも冬に若干多く夏は20℃前後で、冬シーズンに雪は降ることはありません。

アイルランドの治安は?

気になるアイルランドの治安についてですが、アイルランドは、他のヨーロッパ諸国と比べると治安はかなりいいほうです。ただし、日本と比べるとまだまだ不安な面はあります。その理由としてはヨーロッパということもあり、移民が多いため様々な人種が住んでいるからです。

また、アイルランドは社会福祉制度が充実しているため、アフリカ系難民やEU諸国から沢山の人がアイルランドにやってきます。アイルランド人の失業率も高いため、失業した若者が問題を起こすこともあるようです。

特にダブリンはアイルランドの中でも犯罪が起こりやすい場所とされています。ダブリンは、街の真ん中を流れるリフィー川を挟んで北と南に分かれますが、一般的に、北は治安が悪く南は治安が良いと言われているそうです。

北側にはギャングの抗争により過去殺人事件が起きていたり、今でもドラッグの売買などが行われています。興味本位で危ない場所には近づかないようにしましょう。

アイルランドの物価は?

アイルランドはヨーロッパの国でありEUの加盟国であるため、通貨にもユーロを使用しています。ヨーロッパは物価が高いイメージがありますが、アイルランドも例に漏れず物価の高い国として知られています。

その理由の1つに消費税が23%(日本の約3倍!)かかるため、ショッピングをすると特に高く感じるようです。

特に大都市のダブリンは物価が高い傾向にありますが、コークやゴールウェイは比較的物価が安いとされています。

費用が心配な方は自炊をして節約を心がけましょう。

アイルランドの文化ってどんな感じ?

アイルランド人は紀元前からローマ帝国の支配前にヨーロッパに居住していたケルト民族の末裔であり、そのケルト民族が培ってきた文化をケルト文化と呼び、その文化は長い歴史を持っています。

そのため、第一言語はケルト文化の言語であるゲール語ですが、現在はケルト文化が薄くなっていることもあり、ほとんどの方が英語を話すようです。しかし、地域によってはゲール語と英語どちらも一緒に表記されていることも。アイルランドにいると、ケルト文化の面影を感じることが出来ます。

また、アイルランドの文化で欠かせないのが「パブ」の存在です。アイリッシュバーというバーがあるように、アイルランドでは「パブ」と呼ばれるバーが非常に愛されています。日本でいう大衆居酒屋といった所でしょうか。アイルランドの人達は必ずお気に入りのパブを持っているほど、無くてはならない存在として親しまれています。

アイルランド留学の魅力

ユニークな歴史や文化がある

アイルランドには他の国にない、歴史や文化が古くから残っています。有名なのがアイルランド人は、大昔ヨーロッパに住んでいたケルト人の末裔であるため、ケルト文化が今でも残っているということです。

今や日本で毎年お祭り騒ぎになっているハロウィンですが、ハロウィンの発祥はアイルランドだということをご存知ですか?その起源はケルト文化にあり、古代のケルト人が収穫期の終わりに冬の始まりを祝ってお祭りを行ったことがハロウィンに繋がっています。

あの世とのこの世の境界があやふやになり、幽霊などの恐ろしいものたちが現世に出てくるとされました。その対策として仮装や食べ物を用意したのです。

ケルト文化の特徴は、ドルイド教による自然崇拝と多神教です。信仰対象の石には自然とつながりのある妖精や巨人がかかわってきたとされ、アイルランドは「妖精のいる国」とも呼ばれるようになりました。

現在はローマカトリック教徒が多くを占めますが、その中でケルトの伝統も残っているユニークな国がアイルランドです。

ヨーロッパからの留学生が多い環境

アイルランドはヨーロッパに位置する国です。また、貴重な英語圏でもあるためヨーロッパからの留学生も多い国として知られています。逆にアジア人が少ないため、徹底して英語環境にするにはおすすめの留学先。他のヨーロッパ圏内の友達も出来るので、週末は気軽に友達の国へ旅行!なんてことが出来るのもアイルランド留学の魅力です。

ヨーロッパならではの他国へのアクセスが簡単

アイルランドはヨーロッパに位置する国。そのため格安で周辺のヨーロッパ諸国へ旅行が可能です。例えばダブリンから飛行機で1時間半の距離にロンドンやパリがあるので週末に旅行なんてことも出来ちゃいます!語学勉強と一緒に各国を旅出来てしまうのもヨーロッパ留学ならではです。

アイルランドの食べ物ってどうなの?

アイルランドは国土の約80パーセントが農耕地であるという農業大国です。そしてその8割以上が牧畜用の土地として使用されています。そのため、乳製品や肉類、それらを加工した加工食品が多く食べられています。

さらに、アイルランドの食生活に欠かせないものがジャガイモです。日本でいうところのお米的ポジションとでも言いましょうか、ほとんど毎食にジャガイモが出てきます。マッシュポテトやフライドポテト、そのままゴロゴロと付け合わせに。ポテト好きにはたまりませんが、飽きてしまう…という方も多いようです(笑)

そして、アイルランドはギネスピール発祥の地!日本でも大人気のギネスビールですが、アイルランドでももちろんよく飲まれています。一日に消費されているお酒の半分がギネスビールというほど絶大な人気があり、現地の人はお気に入りのパブでギネスビールを飲むのが至福の時間です。

アイルランドに留学する際の注意点

比較的治安のよい国と言われていますが、日本と比べると不安な点もあります。都会では、スリや置き引きなどの軽犯罪が多発しやすく、場所によってはさらに危ない事件も起きています。

パブ文化も盛んなため、ハメを外してしまいたくなる気持ちもわかりますが外国にいるということを常に意識して行動するようにしましょう。

まとめ

ユニークな歴史や文化を持ち合わせるヨーロッパの国、アイルランド。教育水準も高く、他のヨーロッパ諸国へもアクセスがいいため勉強をしながら海外旅行が楽しめるなど魅力が詰まった留学先です。ヨーロッパ圏内で留学を考えている方はアイルランド留学について、ぜひ相談してみて下さいね!価値ある留学生活が送れること間違いなしです!

実績が出てきたので、海外大学への合格を保証するサービス始めました。
提携大学であれば手数料無料です。
ご興味がある方はまず、HPをご覧になってください。