親子留学は、子どもと親が一緒に他国の文化や語学を学べるとあって人気が高まっています。休みの日には、観光も楽しみながら過ごすことができるので、きっと思い出に残る貴重な体験となるはず。

親子留学に興味があるけど、期間や年齢はどれくらいなんだろうと気になっていませんか?そこで今回は、親子留学について詳しく知りたい方に向けて期間や年齢、プラン、滞在先などをまとめて解説していきます。

これを最後まで読めば基本的な特徴・ポイントを掴むことができるので参考にしてみてくださいね。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

親子留学ってなに?

親子留学は、親と子供が一緒に留学することです。
近年、親子留学を検討する人が急増しており、その形態も多様化しています。

親子留学の目的は、子供に海外でしか出来ない貴重な体験をさせたり文化や語学を学ぶ機会を与えること。親子留学は、親も一緒に付き添って語学力を高めることができるのが特徴です。

親子一緒なので子供も安心感があり、海外のお友達と一緒に伸び伸びと遊ぶことができますね。英語でコミュニケーションをする喜びや伝える楽しさを実感することができるでしょう。

実際に海外に滞在することで、様々な人と出会い自立心も高まるのが最大のメリットと言えます。親子留学には年齢条件はなく、平均的な子どもの年齢は10歳以下が多く見られます。親子留学のパターンとしては、子どもは現地の幼稚園や小学校に通い、親は語学学校に通う形が多いです。

親子留学の期間は、夏休みや春休みなど長期休暇を利用する1週間〜1ヶ月程度の短期留学、1年以上の長期留学など人によって様々。学生時代に留学したかったけど諦めてしまった人も、子供と一緒に留学できるなら新たなチャンスとなりますね。

どんなプランがあるの?

親子留学のパターンは様々あるので、自分にあったプランを選びましょう。

こどもが6歳未満の場合

  • 親 語学学校
  • 子ども 託児所(6歳未満)

地元の託児所は地元の子どもたちが集まっているので仲間たちと自然な英語に触れることができます。

子供が6歳〜12歳以下の場合

  • 親 語学学校
  • 子ども 幼稚園・小学校

地元の幼稚園や小学校は課外授業が多く、アートや自然に触れて感性が養われます。

子供が6歳〜12歳以下の場合

  • 親子で語学学校

初めての親子留学、短期親子留学をするならば、1週間からできる現地の語学学校がおすすめです。親は専門知識や資格取得のために専門学校、コミカレ、大学へ入学も可能。

子供が何歳でも

  • 親子で英語教師宅でホームステイ

学校の授業ではなく、現地の生活を満喫しながらのんびりと暮らすように体験するならば英語教師宅もおすすめ。

子供

子供の留学先の選択肢は以下の通りです。

  • 保育園
  • 幼稚園
  • 保育ママ
  • ベビーシッター
  • プリスクール
  • キンダーガーテン
  • 小学校、中学校、高校
  • 語学学校、
  • 教師宅ホームステイ

親の留学先の選択肢は以下の通りです。

  • 語学学校
  • カルチャースクール
  • 正規の大学
  • 教師宅ホームステイ

親子留学の期間は?

親子留学の期間は大きく分けて短期・中期・長期があります。

初めての場合は、サマースクール、スプリングキャンプなど短期で親子留学を体験して、慣れたら長期を選ぶ方法も良いでしょう。

短期(1週間〜3ヶ月)

ビザなしでOK、将来の中期、長期留学のステップに最適です。

中期(3ヶ月〜6ヶ月)

3ヶ月以上はビザの取得が必要となるので留学エージェントに相談すると良いでしょう。

長期(6ヶ月〜数年)

6ヶ月以上になると、交通手段や賃貸物件など住む環境も踏まえた場所を探す必要があります。

親子留学に参加可能な年齢は?

親子留学に参加可能な子どもの年齢は、留学先や現地の学校によって変わります。
では早速見ていきましょう。

乳幼児

乳幼児(0歳、1歳、2歳児)の親子留学は、親の留学がメインとなるケースが多いです。

0〜2歳児が参加できる短期・中期プログラムは限られています。
ママやパパが語学留学中に子供はベビーシッターまたは保育ママ、デイケアに預けることができます。

未就学児

未就学児(3歳、4歳、5歳、6歳児)の親子留学は、選択肢が広がります。
子供が現地の保育園、幼稚園、プリスクール、語学学校へ通えるようになります。
友達ができたり海外の文化に触れることができるのがメリット。

小学生

小学生(6歳〜12歳)の場合は夏休み、春休み、冬休み、ゴールデンウィーク、シルバーウィークの期間に
親子留学が可能です。

初めての方の場合は親子で同じ語学学校へ通い、長期留学の場合は現地校に通う方法が人気です。

子供のみの単身留学

親は仕事をしているので、子供が単身や兄弟姉妹で留学するケースも増えています。
子供だけの単身留学は、国によって単身で入国できる年齢が異なるため、事前に確認しておきましょう。

子供だけで参加可できるサマースクール、スプリングスクールも多いのでおすすめ。

親子留学の受入れている国について

英語圏の親子留学が人気ですが、近年はフィリピン、マレーシア、シンガポールなどアジア圏での親子留学も増えてきています。

フィリピン(セブ)

美しいリゾート地で様々なアクティビティも充実しているのがフィリピン親子留学の特徴です。フィリピンセブ島の親子留学は、未就学の子どもを受け入れているのもポイント。

0歳〜幼児はベビーシッター、6歳からはマンツーマンレッスンもあり恵まれた教育環境にあります。

親子と同じ語学学校でリーズナブルな英語のレッスンを受けることができます。

アメリカ(ハワイ)

観光地として人気のハワイは、治安の良さでも選ばれている人気の親子留学先です。
日本人も多く在住しているので、病気や怪我など緊急事態があっても日本語対応があるので安心。

年間を通して温暖な気候、ハワイの綺麗な海や山でのアクティビティも楽しめるメリットもあります。

ニュージーランド

豊かな大自然に囲まれたニュージーランドの親子留学は、3歳からプリスクール、5歳から小学校に通うことも可能。

親子留学には夏休みなどの長期休暇を利用した短期留学が人気です。
休日は水族館、動物園、ショッピングなど親子で楽しめる場所も多くあります。

親子留学の滞在先は?

親子留学の滞在先は、滞在期間、予算を考えて、自分に合った滞在先を選びましょう。

親子留学の滞在先

  • ホームステイ
  • シェアハウス
  • アパートメント
  • コンドミニアム
  • ホテル
  • 語学学校内宿舎

親子留学は、学校のレッスンだけでなく、日常生活からも学ぶことが多くあります。
一番人気のホームステイはホストファミリーと一緒に食事をしたりおしゃべりをしたり、貴重な時間を過ごすことができます。

お子様と年齢が近いお子様がいるホストファミリーは仲良く遊んだり休みの日にお出かけもできますね。

親子留学の不安と解消法

初めての親子留学は何かと不安を感じることが多いでしょう。
子供に何かあった時に英語でコミニュケーションできるか、治安は大丈夫か、食事が合うかどうかも心配事ですよね。

海外に滞在するわけですから、親御さんには様々なトラブルも乗り越える対応力が求められます。子供は英語だけの環境になって戸惑うことも多く、慣れるまでは時間はかかりますが、子供の適応力は驚くほど高いです。

初めは緊張して静かな子でも、アクティビティや遊びの中で環境に慣れていくので、心配しすぎる必要はありません。自然とお友達も増えて楽しく学べるようになり、語学力もグングン高まるのを実感できるでしょう。

子供が困ったときはつい親が先回りして手を出したくなりますが、そっと見守ってあげましょう。

留学は自立心も養われるので、子供の力を信じて任せることも大切です。
親御さんは、学校以外の日常生活でも英語使ってコミニュケーションすると良いでしょう。

親子留学の失敗体験

親子留学の失敗体験は、滞在先選びに失敗するケースが多く見られます。
親子留学の滞在先として人気のホームステイは、聞いていたのと違う、ごみ捨てやカギのルールが分からず困ったなど…。

ホームステイの場合は、日本人親子に滞在してもらうために立地条件や部屋の環境など、魅力的に伝えます。

しかし、実際はシャワーのお湯が温すぎて不満だったり、ネット環境が上手く行かなかったり、トラブルは多く発生します。日本は水道やガス、電気などのライフラインや整っていて治安も良く大変住みやすい国です。

日本の基準でホームステイにホテルのような快適さを求めると、ホストファミリーも困ってしまうことがあります。
より快適さを求めるならば、留学する前に環境が整った住居を賃貸したり、高級なコンドミニアムを選択すると良いでしょう。

ハワイやニュージーランドは電気代も高いので、日本の感覚でホストファミリーのバスルームやキッチンを使うと大きな負担になることも。

そして、海外では時間にもルーズですから、日本のように時間に厳しくないことも知っておきましょう。郵便物が遅い、予約での待ち時間が長い、学校にメールしても返信がない、など当然のようにあります。

親子留学では、そのような失敗続きになるのは当たり前だと思って、楽観的で前向な姿勢で乗り越えることが大切です。

親子留学はこんな人におすすめ

以下に一つでも当てはまる人は親子留学がおすすめ!

  • 子供に生きた英語を学ばせたい
  • 長期休暇に親子で英語力を身につけたい
  • 海外で貴重な体験をさせたい
  • 自立心のある子供になって欲しい
  • 国際的な教育をさせたい
  • 海外の教育事情を知りたい

親子留学は、子供の様子を近くで見守ることができるので安心ですね。
親と子供が単身で留学するよりも、親子留学にしたほうが費用も抑えられるのでおすすめ。

子供は英語を学ぶスピードも早いですが、帰国後は忘れないように継続して学ぶ必要があります。

まとめ

親子留学は、子供にとっては国際的な感覚や日本ではできない貴重な体験ができるのが最大のメリット。親も専門的な勉強をしたり、語学力のスキルアップに役立つので、一緒に成長できるでしょう。

ぜひ、この機会に親子留学を検討してみてはいかがでしょうか?