ワーホリの準備や考えなどをスタートさせるにあたって、やはり皆さん共通して心配なのがお金のことではないでしょうか?

今回はそんな誰しもが直面する問題、費用のことに関して最低限必要な費用、学費、生活費などお金に関することをまとめました!一体渡航までにどれだけ貯金すればいいのか具体的になっていない人は必見の記事ですよ。

1.オーストラリアワーホリの渡航までに絶対必要な費用

1.オーストラリアワーホリの渡航までに絶対必要な費用
皆さんはオーストラリアのワーホリで最低限必要な費用を具体的にご存知ですか?また、その詳細について考えたことはありますか?実際、考えると頭が痛くなるような問題でもありますよね。私もワーホリ前に何回もため息をついた
問題でもあります…

ですが、この問題は避けては通れない道です。そこで今回、お金に関してのことを詳細にまとめてみたので、一つずつ一緒に見ていきましょう!

1−1.ビザ代・海外保険・航空券

まずは渡航するにあたって掛かってくる費用からです。

項目 費用
ビザ申請料金 450AUD(約36,000円)
海外保険 200,000円〜(1年の保険代)
航空券 片道 約50,000円〜 往復 約100,000円〜

上記を見てみると最低でも渡航前の費用だけで、最低30万円は必要になってきます。もちろんこれは目安です。ビザの申請代金は一律ですが、保険会社、保険プラン、航空会社、渡航期間などによって、大きく変動してきます。

ですので、渡航期間などが決定したら、すぐにでもしっかりとリサーチ、比較して、準備を進行させていくのをおすすめします。

1−2.語学学校費用の期間別まとめ(1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・9ヶ月・1年)

次に語学学校の費用についてです。語学学校も決して安い授業料で済むという訳ではありません。早速、期間別で掛かる費用を見ていきましょう。

入学費
195AUD
授業料
1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 9ヶ月 1年
1,480AUD 4,440AUD 8,880AUD 13,320AUD 17,760AUD
教材費
1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 9ヶ月 1年
60AUD 180AUD 360AUD 540AUD 720AUD

上記の授業料はオーストラリア内に実際ある語学学校の一般英語コースの授業料です。見てもらったら分かるように全く安くありません。そして教材費まで掛かるとは…

多くの人が3ヶ月ほどは通うのですが、3ヶ月分のトータルを日本円で換算すると約38万円…ボーナスが一気に飛んでいってしまうような感覚です(笑)
関連記事:オーストラリアワーホリで語学留学なし?!いえ、3ヶ月は通いましょう

1−3.最低限持っていくべきお金とは

では次にオーストラリアでの生活を開始するにあたって、最低限どのぐらいのお金を持っていくべきか想像は付きますか?

例えば3ヶ月、バイトはせずに勉強だけに集中するとして、語学学校だけに通うとしましょう。居住都市にもよりますが、物価が高いオーストラリアで節約生活をするとしても、最低1ヶ月1,000AUDは必要になると言えます。それが3ヶ月続くとなると、3,000AUD必要となりますよね。日本円に換算すると24万円ほど。それプラス、もし、ホリデーを利用して旅行などに出かけるとしましょう。もっと資金が必要になってきます。なので最低でも余裕を持って、日本円で30万円ほどは持っていくことが必要です。

これは現金で全て持ち込むのではなく、キャッシュパスポートなど安全な方法で持ち込むようにしましょう。

2.オーストラリアワーホリ中の現地での生活費

2.オーストラリアワーホリ中の現地での生活費
続いて現地での生活費のお話です。何と言っても物価が高いオーストラリアでの1ヶ月の生活費どのくらい掛かってくるか知っていますか?その詳細を表にして比較してみましょう。

ホームステイ シェアハウス
家賃 1,000AUD(週250AUD) 640AUD(週160AUD)
食費 80AUD※1 150AUD
交通費 120AUD 50AUD※2
通信費 50AUD 50AUD
娯楽費 100AUD 100AUD
合計 1,350AUD 990AUD

※1 ホームステイでは基本平日2食、週末3食付きなので平日のランチを自炊した場合
※2 市内に住み、語学学校まで交通機関を使う必要がない設定

上記ご覧になって皆さんはどう思われましたか?見てみて、シェアハウスの方が安いじゃん!って感じた方が多いかと思います。ですが、ホームステイではホストマザーが家事や食事の準備までしてくれるので、費用に差がついてくるのです。

海外に慣れていない人や不安を持っている人は1ヶ月、ホームステイでまずは海外という地になれることに専念し、2ヶ月目からはシェアハウスに移動し、自分で生活するということをスタートさせるのをおすすめしますよ☆

3.ワーホリ費用の中で節約は可能なのか!?

3.ワーホリ費用の中で節約は可能なのか!?
さて!上記様々な費用を見ていただいた中で、「げーーー!高い…」と正直感じた方々も多いのではないでしょうか?そこでそんな皆さまにそれらの諸費用をどのようにすれば節約することが可能なのかをここでご紹介していきたいと思います!

その①:航空券

渡航日が決定したらすぐに航空券をゲットしましょう!航空券は安いものはすぐに売れていってしまい、高い航空券ばかりが最後に残っていってしまうのです。なのでできるだけ早くゲットするのをおすすめします。

また、格安航空会社を利用するのも一つの手です。ですがそれはリスクも伴います。安いからには理由がある訳で機内がとんでもないぐらい狭かったり、トランジットやフライト時間が異常に長かったりと…オーストラリアも日本から近い国ではないので、身体に負担をかけないためにも無理をせず、早めに安い航空券をゲットすることをおすすめしますよ!
参考:オーストラリアワーホリ前に必読!航空券の種類と格安チケット購入方法

その②:自炊

自炊をするかしないかで大きく生活費に差が出てくることは間違いなく断言できることですよ!自炊のメリットは節約と健康管理ができるいう部分です☆

私も語学学校へ通っている時は月の食費を100AUDで抑えることができていたぐらいですからね!こちらで毎日ランチを外食で済ませようとすれば月200AUDはランチだけでコストが掛かります…本当にこれは痛く、正直バカバカしい出費とも言えます!!!

また、健康にもあまり良くないのでぜひ自炊して健康管理までもできるようにすることをおすすめしますよ☆

その③:ジャパニーズレストランでのバイト

これはもし、語学学校など終了してジャパニーズレストランなどでバイトするなんてことがあれば食費がぐんっと浮きます!ジャパニーズレストランで賄いが付いてくることが多いので、昼食と夕食など余裕で浮かすことなどができるのです☆もうこれは一人で生活するにあたってはとってもありがたいことなんですよ〜!多少ずぼらに感じるかもしれませんが、節約にはもってこいです。
参考:オーストラリアワーホリの求人職種+仕事の探し方【必要な英語力は?】

まとめ:トータル費用はいくらなのか?

まとめ:トータル費用はいくらなのか?ラリアのワーホリ費用でトータル最低でも100万円は必要になると頭に置いておきましょう。また、働かないという人はこれのを用意する覚悟が必要です。余裕を持って、こんなにいらないでしょ!っていう人はお金が原因で途中で帰国しなければなくなったり、ご両親に頭を下げて支援してもらわないといけないなんていうことにもなりかねません。

これを高いと思うか、人生の経験のためにつぎ込むんだ!と思うのかも人それぞれですね!

皆さんいかがでしたでしょうか!?これまでのこの記事を読んで、ガクンと肩を落とされた方も、よし、貯金がんばろう!と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

両者の方々も一歩を踏み出すきっかけになったのではないかと思います。この一歩は大きなものですよ!私も資金のことなどで悩んだことがありましたが、そのおかげで多くの知恵を付けることだって出来ました。また、同時に両親への感謝の気持ちも改めて生まれました。

お金のことでワーホリを諦めるのではなく、困難な中でも、どれだけ貯金するのに時間がかかっても、皆さんが持つ知恵とパワーでぜひワーホリを実現させ、海外生活を皆さん自身の目で見ていただけることを願っています☆