シドニーやメルボルンを代表とするオーストラリアの主要都市はいくつかありますが、ワーキングホリデーでの居住地をどこにすればいいのか、候補はあるものの一つに絞り切れていない人もいるでしょう。

ワーキングホリデーでどの場所に居住地を構えるも、人それぞれ求めるものによって異なってくるでしょう。都会が好きな人とそうではない人、自然が好きな人、海のそばがいいい人など本当に様々です。

今回は自分に合った居住地の場所選びのコツやポイント、主要都市の特徴や魅力などをご紹介したいと思います。

あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか?

家族や友だちと一緒でも大丈夫!
東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。
その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます!

「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。

» 無料でプロに相談する

1.どこにする?オーストラリアの都市(場所)選び

1.どこにする?オーストラリアの都市(場所)選び

オーストラリアの都市はどこも個性的で魅力的なので、1つに絞るのは大変!でもポイントやコツを押さえて自分にあった場所を選んでいきましょう。

都市(場所)選びのコツ

オーストラリアはとてつもなく広いです!その中から1つの都市に絞るのは本当に大変です。大都会が好きな人、静かな町が好きな人、田舎町が好きな人、海沿いの場所が希望の人、希望する語学学校が近い場所がいい人など、それぞれ求める環境は違ってきます。

都市選びに苦労する人も多いと思いますが、自分が希望する項目に優先順位を付けて、カウンセラーに相談しながら決めて行くと良いでしょう。

魅力たっぷりのオーストラリア。1都市にとどまるのが惜しい!と考える人も実際います。1年と言う短い期間ですが、半年でシドニーからメルボルン、ケアンズからブリスベンというように、移動する人もいます。

都心部に住むか?郊外に住むか?

都市を選択したら、都心部に住むか郊外に住むかを決めていきましょう。人混みが多く、賑やかな雰囲気が好みで、アクセスに便利な場所を選ぶなら都心部。静かな環境でのんびりすごしたいなら郊外がおすすめです。

2.オーストラリアの主要都市の特徴を挙げてみよう!

2.オーストラリアの主要都市の特徴を挙げてみよう!

シドニー、メルボルン、ブリスベンなど主要8都市の特徴や魅力を挙げてみましょう。どの都市もワーキングホリデーで人気のある都市ばかりです。

①:シドニー

①:シドニー

ニューサウスウェールズ州にある大都市シドニー。人口400万人を超え、オペラハウスやハーバーブリッジなど有名な観光スポットが多いのが特徴です。

地下鉄・バスなどの交通網も充実しており、オシャレなショッピングスポット、レストラン、カフェ、ビーチなどもたくさんあります。日本人が多いので、英語に慣れていない人はスタート都市としてスムーズに馴染むことができる環境でもあります。語学学校は国内で最も多いので、英語学校に通うことを考えている人には最適な都市です。
オーストラリア最大の都市シドニー!その中でのワーホリ生活とは?!

②:メルボルン

②:メルボルン
オーストラリア第2の都市です。ビクトリア州にあり、ショッピング、自然、文化が融合する人気都市です。華やかな都会のイメージと落ち着いた文化的な雰囲気があります。シドニーに続いて日本人が多く、語学学校も充実しています。テニスを始めとするスポーツの世界大会も多く開催されます。
» アートと自然が融合した街メルボルンでのワーホリライフとは!?

③:ブリスベン

③:ブリスベン

コンパクトな都市で住み心地が良いのが特徴です。オーストラリア国内で最もカフェ文化が浸透しており、コーヒーが美味しいことでも知られています。バリスタを目指す人はチャンスの幅が広がることでしょう。物価もシドニーやメルボルンと比べても、全体的に安めです。
» オーストラリアワーホリで学生の街ブリスベンはいかが?徹底調査した

④:ケアンズ

④:ケアンズ

日本から最も近い都市で自然が最も溢れる美しい都市です。グレートバリアリーフやキュランダなどの世界遺産があることでも有名ですね。

自然が多く年間を通して観光客が多いので、ガイドの仕事は他の地域よりも多く見つかるでしょう。ワーキングホリデーでは、何より都会を離れて自然と触れ合いたいと考えるならケアンズがおすすめです。
ケアンズの大自然の中で堪能するワーホリ生活とは? in オーストラリア

⑤:ゴールドコースト

⑤:ゴールドコースト

国内で最もサーフィンが盛んな都市なので、サーフィンやマリンスポーツを楽しみたい人には天国のような場所です。年間を通して暖かく晴れ間が300日前後あるので、寒さが苦手な人にもおすすめです。海で遊べる日数が、どの地域よりも多いのが特徴です。
» 【オーストラリアワーホリ】ゴールドコーストの概要をマルっとまとめました

⑥:アデレード

⑥:アデレード

南オーストラリア州都です。教会が多く、パレードや文化イベント多い都市として知られています。碁盤の目になっているので迷子になることも少なく、他の都市に比べてのんびりした雰囲気があります。

南オーストラリアはワインの産地でもあるのでで、ワイン好きにはたまらないかも?日本人は少ないですが、都市部にはアジア圏からの留学生が多いです。
» オーストラリアワーホリではアデレードを満喫しよう!在住者が語ります

⑦:パース

⑦:パース

西オーストラリア州都です。美しいインド洋に面しており、世界で最も美しい都市としても知られています。イルカにハンドフィーディングできたり、海をベースとした有数の観光スポットが集中する都市でもあり、日本から最も遠い都市となります。
» 【世界で一番孤立した街】オーストラリアワーホリでパースは最高です

⑧:ホバート

⑧:ホバート

タスマニア州都です。夏でも涼しく過ごしやすいので、オーストラリアの猛暑を避けたい人にはおすすめです。一方、冬場は零下になる時もあるので、寒さに強い人に向いていると言えるでしょう。美しい自然が多く、チェリーピッキングなどの仕事も豊富にあるので、セカンド・ワーキングホリデーを希望している人には最適な都市です。
自然の宝庫ホバート!そんな街でのオーストラリアワーホリ生活とは?

尚、人気都市トップ3を知りたい方は下記をご覧ください。
» オーストラリアでのワーホリ人気都市ランキング【トップ3発表】

オーストラリア・ワーキングホリデーを目前にしている人は、新しい体験と未知の発見に胸を躍らせていることでしょう。場所選びも、そんなワクワクした気持ちを持ちながら、楽しく選んでいきたいですね。

どの都市に生活の拠点を置くか、どんな場所に住みたいか、自分の希望や条件をすり合わせながら、しっかり選んでいくようにしましょう。